2018年5月16日水曜日

フィッシュモデル


フィッシュモデル(別名フィッシュカービング)ってご存知ですか。バードカービングのお魚版です。羽村市市民提案型協働事業として市民ギャラリー運営委員会(代表:伊藤武司さん)が実施する市民ギャラリーで市内在住の高橋信吾さんの作品展が開催中(コミュニティセンタ2階:5.20まで)です。素材は木(パルサ材)ですが、塗装を施して、生きている魚が泳いでいるようです。

今回で23回目で、23回の市民ギャラリーのほどんどを拝見していますが、これほど素晴らしく、かつ、独自の芸術性を感じるのは初めてです。本当に感銘しました。同じ高橋さんの女性の顔のみを描いた色鉛筆画も素晴らしいので、是非ご覧いただきたいと思います。なお、作品の下の子石も石ではなく、パルサ材で作った作品の一部です。




0 件のコメント:

コメントを投稿