2014年10月25日土曜日

駅立ちを開始しました。



昨日(10月24日)、「高田かずと後援会入会のしおり」の印刷が完了して、納品されました。「私たちも応援しています」の欄に氏名を記入しても良いと気持ちよく承諾してくれた人など、私の政治活動を明確に応援してくれる方々の家をまわって、新しい「高田かずと後援会入会のしおり」を配りました。(382枚)
さらに小作駅西口の駅頭に立って、後援会入会のしおりを配りました。(130枚)合計で502枚ですから、初日としては順調で、これからもがんばります。小作駅西口でチラシを配っている時の写真と「高田かずと後援会入会のしおり」の中面と外面の写真を貼付します。


本日(10月25日)の半年後の2015年4月25日(土)は選挙運動期間の最終日になると推測しています。4月19日(日)が統一地方選挙の市町村レベルの告示日で、4月26日(日)が投票日になることが、閣議決定されたそうです。国会での議決はまだですが、確実と考えてよいようです。

あと、半年、全力疾走で、頑張って、悔いのない結果を残したいと思います。

2014年10月20日月曜日

初心者囲碁大会で賞品

本日、「囲碁のびる会」の記念すべき第1回囲碁大会」が開催され、2戦2勝の私は優秀賞をいただくことができました。2ヶ月ぶりの対戦で、惨敗を予想して臨みましたが、相手のミスにより、幸運にも、2戦2勝で、豪華なバスタオルを頂戴しました。写真は宇野信夫先生から賞品をいただいているところです。10級の私は、囲碁で勝つことは、ほとんどありませんので、喜びもひとしおです。

「囲碁のびる会」はもともと、ゆとろぎの「初めての囲碁(入門編)」講座から誕生した自主サークルで5歳の誕生日を迎えます。まず、宇野信夫先生から囲碁講座があり、順番ですが先生とも対局できます。宇野先生と対局する時は棋譜を書いていただける上に、終了後、良かった手を○、悪かった手が×、疑問の手には△でコメントをいただけるので、ありがたいです。私の棋力では、囲碁はどう打ったかを記憶できませんので、どうしても打ちっぱなしになってしまいますが、棋譜があれば、繰り返し再現できますし、囲碁ソフトに入力して復習することもできます。これは本当に勉強になります。

「囲碁のびる会」には宇野先生の他、稲舟健治さん、坂本博さん、井上忠男さんの3名の有段者が顧問としてボランティアで指導をしていただいています。第1回囲碁大会」を企画していただいた上坂真寿美さんこそ2段ですが、あとのメンバーは7級から18級で、豪華指導陣のもと、和気藹々で囲碁を楽しんでいます。

「囲碁のびる会」は日曜日の月4回、10時からと週と、13時から週があります。練習会場は原則、羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」で、会費は4ヶ月で2000円です。もし、このブログを見て、入会希望の方がおられましたら、ご連絡願います。私は役員ではありませんが、会計監査をしていますので、内田茂義会長にお取次ぎします。

2014年10月16日木曜日

政治活動を再開しました。

私は、昨年(2013年)4月以降、政治活動を完全に停止していました。中央大学大学院公共政策研究科の2年生として、専ら修士論文の作成に追われていました。今年(2014年)3月に卒業後、いろいろと悩み考えた結果、政治活動を再開することを決意致しました。

名前だけ残っていて、全く活動していなかった「高田かずと後援会」を何とか再出発できないか、模索し、応援していただける方々と何回か打合せをしながら、10月2日(木)に「再挑戦の集い」を開催できるまでになりました。多くの方に声をかけ、夜にもかかわらず、小作台西会館に29名もの方々にご来場いただき、本当にありがとうございました。感謝・感謝・感謝でございます。心からお礼申し上げます。

政治活動の最初に取り組んだのは、11月1日(土)16:00~小作駅西口駅前広場で開催する「街頭政策説明会」の周知ポスターです。このポスターは羽村市議会議員の任期満了日(2015年4月30日)の6ヶ月前の前日まで、掲示することができるもので、1軒ずつ掲示のお願いに伺い、掲示させていただいています。このブログをご覧の方で、我が家に掲示しても良いという羽村市民の方がおられましたら、042-555-4700高田までご連絡下さい。掲示しにお伺いいたします。今日(10月15日)からですと、わずか2週間の掲示期間です。

政治活動として、ポスターと並行して取り組んでいるのは、「後援会のしおり」の作成です。パソコンで自作し、A4の子ども用の画用紙に両面印刷したものを、3つに折った「手作りの後援会のしおり」を皆様にお配りしました。皆様のご意見を取り込むと共に、外面左側の「私の応援しています」欄にお名前を記載していただけないかをお願いをして歩き、32名もの方々からご承諾をいただきました。厚く感謝申し上げます。この原稿は近日中に印刷し、羽村市内の皆様のお手元にお届けする予定にしています。ご参考までに、「手作りの後援会のしおり」の最終原稿を貼付いたします。