2020年12月26日土曜日

武蔵美と羽村

たまがわきょうだい
武蔵野美術大学 造形学部 芸術文化学科研究室が主催で、ゆとろぎも共同企画として参画した、羽村ゆとろぎアーツプロジェクト2020が12月27日(日)まで1階展示室で開催されている。「まなざし」ー感じて、広がっていくーがテーマです。

外からではわかりませんでしたが、中に入ってびっくり。作品のほとんどが羽村市の生活・文化・社会・自然をイメージした作品で、とても興味深い作品群でした。

中でも、北嶋勇佑氏の「たまがわきょうだい」「ちゅーりっぷ」「みずはむら」の3部作は版画という枠を超えた素晴らしい作品であり、感銘しました。

市内のあおぞら保育園を使った「保育園美術館」も有意義な取り組みだと思います。子どもたちが日常的にアートの刺激を受けて育つことができる環境は、今後の子供たちの成長に大きな影響を与えると思います。なお、この展覧会はSNS投稿OKとのことです。

展示室の窓にも
さくら

ちゅーりっぷ



羽村/銀杏

みずはむら



2020年12月13日日曜日

「日本酒の歴史と魅力」講演会

 本日、ゆとろぎ講座室1で「知ろう!日本酒の歴史と魅力」講演会に参加しました。講師は東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科 の保坂賢教授です。副題は「日本酒を知り、地域とのつながりを知る。」でした。杏林大学学生連携企画講座で、多くの杏林大学生が手伝っていました。

参加して思うのは、日本酒の話は範囲が広く、奥が深いということです。概要、歴史、酒米、酵母、麹、造り(仕込み)などの説明で2時間の講義はほぼ終わってしまった感じでした。最後に日本酒「はむら」の話がありました。

日本酒「はむら」は羽村産コシヒカリ(精米歩合60%)を使用しているとのことだったので、酒米(酒造米)登録120品種との関係を質問しました。コシヒカリを酒米の代わりにするのはかなり難しいですが、それをやっていることに特長があるとのことでした。合わせて酵母や造りとの関係も質問しました。

日本酒「はむら」はふるさと納税の返礼品にもなっていますが、魅力ある返礼品をもっと開発して、ふるさと納税の収支をプラスにしていく必要がありますね。

2020年12月11日金曜日

防災館と成分献血

本日(2020.12.11)立川防災館に行ってきました。立川駅からモノレール・バス・徒歩と交通手段は様々ですが、人を避けるという意味で、西立川から1.8kmを 徒歩で行きました。駅から約40分で到着しましたが、待ち時間を考えると、早いのかなあ。

立川防災館は以前に2度行っていますが、かなりリニューアルされていました。3つの体験をしましたが、そのうち2つは新しい体験でした。10:15からの救命体験、10:45からの救出救助体験、11:15からのVR体験をしましたが、全部1:1の個別指導で充実した体験ができました。団体が入っていない時間を電話で確認して、一人で行くことはお勧めです。

救命体験は何回も経験していますが、なかなか完全にはマスターしていませんでしたが、今回3回も体験することができました。救出救助体験は新メニューで倒壊した屋根を鋸で切る体験、ジャッキを使う訓練など大いに良い経験になりました。VR体験はゴーグルを装着して、大雨や火事のバーチャルリアリティ映像の体験でしたが、水しぶきが顔にあたるなど、かなりの迫力でした。

帰りに、立川献血ルームに行って、成分献血をしてきました。「ラブラッド」の会員になっていると予約が簡単で、成分献血の場合は献血の間隔が2週間と短いので、頻回に社会貢献をすることができます。なお、羽村五ノ神会館、小作駅前広場、羽村市役所などに来る献血バスでは成分献血はできず、最も近いところで立川に行く必要があります。もっとも献血できるのもあと約7か月(69歳まで)最後の社会貢献活動に最後まで頑張ります。

2020年12月9日水曜日

キルギス共和国関連展示

 今日(2020.12.9)から ゆとろぎ展示室でキルギス共和国関連展示が始まりました。キルギスの伝統的な移動式住居「ユルタ」の実物があり、キルギスの写真や民族衣装の展示、映像資料放映なども展示されていました。ユルタは昨日、ボランティアが組み立てたとのことでした。慣れると1時間程度で組み立てるのだそうですが、昨日は3時間もかかったとのこと、お疲れさまでした。帰りに図書館にも寄って、関連図書の企画展示を見てきました。13日まで開催しています。ただし最終日の13日の12:00までだそうです。

来年、1月16日(土)にはキルギスフェステバルがあります。コムズという楽器の演奏会やダンサーによる民族舞踊の披露もあるそうです。

オリンピックは1年間延期になってしまいましたが、世紀の大イベントです。キルギス共和国の男子柔道選手の事前キャンプをきっかけに、羽村市はキルギス共和国のホストタウンに登録されています。みんなで応援しましょう。