2019年1月12日土曜日

御嶽神楽公演

ゆとろぎの「伝統文化交流事業」は確か7回目。内容が素晴らしく良いので、毎年鑑賞させていただいている。今年は国指定重要無形民俗文化財に指定されていて、大分県豊後大野市で受け継がれている「御嶽神楽公演」であった。「御嶽」は「おんだけ」と読む。木曽は「おんたけ」で、奥多摩は「みたけ」であるから、面白い。

3景構成で、第一景は高御座(たかみくら)、第二景は八雲払(やぐもばらい)、第三景は岩戸開(いわとびらき)で、それぞれ有名な神話を題材に勇壮・活発な舞は素晴らしいの一言でした。大好きな、1番前の席を確保できたため、その迫力は筆舌に尽くしがたいものでした。写真は会場内は禁止のため、ロビーで撮影したものとパンフレットをスキャンしたものを添付します。(2019.1.12)

2019年1月9日水曜日

献血

2019年1月9日に日本赤十字社主催の献血が羽村駅前の五ノ神会館で実施された。羽村市や、自治会連合会の他、東京羽村ライオンズクラブも全面的にバックアップしている。

私もライオンズクラブの会員として、また、献血を所管するライオンズクラブ福祉委員会の委員として、積極的に協力した。400mlの献血をした後、写真のような恰好で、羽村駅前広場を歩き、献血への呼びかけとポケットテッシュ配りを行った。

献血は16歳から64歳までであるが、60歳以上で献血を経験していれば、69歳まで可能である。私は今67歳であるから、あと2年半、頑張って献血を継続したいと思う。健康だから継続できる証であるし、最もわかりやすい社会貢献だからである。