2014年11月27日木曜日

認知症サポーター養成講座

本日(2014.11.26)、羽村市生涯学習施設「ゆとろぎ」で、羽村市地域包括支援センター主催の「認知症サポーター養成講座」があり、受講しました。たまたま、今日の読売新聞の朝刊で、軽度の認知症も含め全国で800万人もいるとの記事があり、関心をもって、参加しました。写真はテキストと修了後に配られた「オレンジリング」です。良く使う鞄に付けて、いつも人に優しい気持ちで接する目印にしたいと思います。

92歳の天寿を全うした、私の父も最期の3年間は認知症で、私はなぜか「弟」でした。父は88歳で囲碁7段を取得する努力家でしたが、面白いことは認知症になっても、囲碁が打てたことです。もちろん認知症の進行でどんどん棋力は落ち、最後は終盤が打てなくなりましたが、序盤から中盤にかけてはそれなりのところに打っていることは囲碁初心者の私でもわかりました。

羽村市でも65歳以上の高齢化率は22.86%で、毎月約0.1ポイントずつ増えるそうです。85歳以上の4分の1は認知症ということを考えると、高齢者の問題は喫緊の課題です。私も一時期、介護予防リーダーとして活動したこともありましたが、健康寿命を延ばす施策は重要です。

とはいえ、認知症は病気ですから、私も含め、誰でもなるうる症状です。認知症に人に対しては「驚かせない」「急がせない」「自尊心を傷つけない」の3原則を守り、地域で支えていく気持ちを持ち続けたいと思います。



2014年11月2日日曜日

街頭政策説明会を実施



2014年11月1日(土)16:00~小作駅西口駅前で街頭政策説明会を実施しました。大きな楠がある中央広場に愛車のマーチを停め、車に何枚も街頭政策説明会の周知ポスターを貼り、トラメガを使用して、「後援会入会のしおり」に記載した、4つの政策を詳細に説明しました。その時の写真を貼付します。
今回の街頭政策説明会はポスターのみの周知であること、街頭演説の時期が早いこと、敢えて動員をお願いしなかったことで、当初から聴衆ゼロを覚悟して臨みました。しかも、雨天で、肌寒い時間帯ということもあったのですが、3名もの方にわざわざご来場いただき、本当にありがたいと感じました。ほかにも小作駅を降りてきた乗客や、喫煙コーナーの方、バスを待つ方、タクシードライバーなど、それなりのPR効果はあったと思います。

この種の街頭演説は、ポスターを貼るために、形式的に設定している場合も多いようです。かなり先の日程を設定するなどしていて、実際は実施しないことも多いという話をよく聞きます。私はそういうことはしたくないので、たとえ聴衆がゼロでも実施すべきと考え、実行しました。バカ正直と言えば、その通りですが、周知した以上は、例え、聴衆がゼロであろうとも実施すべきです。それが至誠というものであると確信するからです。




2014年11月1日土曜日

横浜市大剣道部の恩師の墓参に行きました。



横浜市大剣道部の同期3名と、山梨県笛吹市春日居町にある曹洞宗地蔵院に、恩師、茂手木元蔵先生の墓参りに行って来ました。お住職にお経をあげていただき、線香をあげてきました。ところで、茂手木先生の墓は少し変わっていて、句碑があるだけなのです。周りは、茂手木家の墓ばかりで、お住職の説明がなければ、どこが茂手木元蔵先生のお墓なのか、全くわからなかったところです。写真を貼付します。

墓参の後は、武田神社→道の駅はくしゅう→サントリー白州事業所→七賢を酒造する「山梨銘醸株式会社」に行って湯村温泉「柳屋」に宿泊しました。翌日は御坂峠を越えて河口湖畔の産屋ヶ崎に行きました。ここからの富士山はまさに絶景です。写真を貼付します。

その後、冨士浅間神社を参拝→道の駅富士吉田→うどん工房に行って、中央道を経由して、集合場所の谷保天満宮で解散しました。中央道でヒヤリ体験もしましたが、2日間とも快晴の秋晴れで、楽しい旅行を楽しむことができました。運転をしてくれた横山さん、企画をしてくれた山下さん、ガイドをしてくれた稲本さんに、感謝、感謝、感謝、感謝、感謝、です。本当にありがとうございました。