2018年8月8日水曜日

弓道場の放置自動車

今でも多くの関係者に喜ばれていて、自分の行動で問題解決した事例を紹介します。小作台4丁目にある弓道場は羽村市指定管理者制度により、NPO法人羽村市体育協会が管理している公共施設です。

その駐車場に20161215日頃から、自動車が放置されていました。弓道会の会長が交番に相談すると、警告文を貼って様子を見て下さいとのことでしたが、一向に所有者が名乗りでません。

私は弓道会の会長から相談を受け、2017年1月4日、ナンバープレートから所有者がわかると考え、福生警察に行って調べてもらいました。ところが「盗難車両として被害届が出ている場合や道路に放置されている場合は警察の所管であり、所有者を教えることも可能である。しかし、私有地の放置車両は警察の所管外であり、被害届が出ていないことは言えるが、所有者を教えることはできない。」という冷たい回答でした。それでは問題解決できないと粘って、いわゆる「車検場」に行けば閲覧できるとの話を聞きだしました。

翌日(5日)、八王子にある「車検場」に行ってみました。しかし、ずぶの素人である私は窓口をいくつも回って、結局、閲覧はできないこと、「登録事項等証明書交付請求書」「私有地放置車両写真」「私有地放置車両関係位置図」「手数料納付書」の作成が必要ということがわかりました。仕方ないので、様式を入手して、一旦帰宅しました。

翌朝(6)、所定の条件を満たした写真を撮り直し、再び八王子の車検場、正確には東京運輸支局を訪問し、手数料を納付し、書類を提出し、「登録事項等証明書」を入手しました。そこには使用者の住所と氏名がしっかり記載されていました。その住所を頼りにあきる野市の自宅を訪問しました。奥様が出てきて、放置自動車のことを話すと、最初は怪訝な表情であった奥様の態度が一変。ありがとうございました。と何回もお礼を言われました。

原因はご主人の認知症でした。推測するに、本人は車が好きなため、福生・羽村方面にドライブ。トイレに行きたくなり、弓道場に駐車し、トイレを借用した。車に戻ったたが、キーがみつからない。(車が撤去されたあと、キーが落ちていたことから推測。)仕方がないので小作駅まで歩き、電車で自宅に帰ったが、どこの駅から乗車したかなどが思い出せない。家族が自動車を探して、福生警察署の副署長に相談したが、盗難ではないので、盗難届は出さなかった。その前後に何回も本人を乗せて福生・羽村周辺を走り回ったが、手がかりになるような記憶が蘇らなかった。半分以上あきらめていたところに私が訪問したとのことでした。


18日に娘婿が弓道会長に菓子折りを持って、お詫びとお礼をしに来られ、私も立ち会いました。車は販売店の方も来られ、撤去の上、廃車処分するそうです。約1か月近く、弓道会のメンバーを悩ませた問題を解決でき、多くの弓道会会員から喜ばれました。写真は提出したもので、「放置状況がわかる」「登録番号がわかる」の条件を満たした写真です。



2018年8月3日金曜日

小作駅西口に時計を設置

「小作駅西口の時計(駅)の電気が切れたまま、全然直りません。西口には広場にアナログ時計も立っていないので非常に不便です。駅を利用する人間には死活問題なので何とかしてもらえないでしょうか?」
(原文そのまま)というご意見を昨日(2018年8月2日)いただきました。

小作駅西口の時計については、多くの方からご意見をいただき、私も何回も、都市建設部 土木課 道路管理係に行って要請をし続けていました。他の議員などからの要請も多くあり、別の所にアナログ電波時計を設置するという回答をいただいていました。

本日、昨日いただいたご意見を持って土木課 道路管理係を訪問したところ、7月26日に設置を完了したとのことでした。現地を確認したところ、写真の通り、確かに設置されていました。私も気がづかなかったし、ご意見をいただいた方も気がづかなかったようです。従来のエレベーター塔の時計は撤去すべきで、すぐにできないのなら、何らかの表示をすべきと思います。

2018年8月1日水曜日

粗大ごみの搬出

無記名のお手紙をいただきました。内容を要約すると、「粗大ごみの搬出の予約をしましたが、価格が2000円から1万円以上かかることもあるとのことでした。市役所にも確認しましたが、同じ答えでした。いくらになるかわからないのは困ります。シルバー人材センターに頼んで、もしくは一般業者に頼んで見積りをとってから、再度予約するようにとの事でした。市委託業者が見積もりに来ることができないのはなぜでしょうか。」

羽村市の産業環境部 生活環境課 生活環境係を訪問し、お話しを伺ってきました。羽村市の委託業者は道路から2m(3歩程度)以内に出されている粗大ごみを回収することになっています。「搬出」という言葉から察するにそこまで移動できない粗大ごみと推測します。その移動の料金は困難さによって違いますので、電話では答えられなかったものと思います。

無記名さんは問題解決のためにかなり頑張ったとは思いますが、あと一歩で止まってしまったようです。市役所はどこの業者を使うべきとはいえません。基本的に「民間」の問題だからです。しかし、例えばシルバー人材センターの電話番号を教えてくれと頼めば、教えてくれます。一般業者も「どこが良い」とは決して言えませんが、電話番号はわかる範囲で教えてくれるはずです。もう一押しすれば、問題解決できました。

正直に申し上げて、無記名は困ります。きちんと記名していただければ、何らかの方法で回答しますが、無記名では回答をすることもできません。今回のお手紙は切手を貼っての郵送です。かなり困っているのだろうと思います。何らかの事情で、できないのなら、私が電話して、見積もりを取るくらいのことはしても良いのですが、それもできません。このブログを読まれる可能性は皆無ですが、もっと、私を活用していただきたいと思います。



一中の自転車通学

市民から羽村一中の自転車通学について問題提起がありました。場所は小作台3丁目12の8の交差点で、くすのき児童公園の方から羽村一中方向に道路を横断する際、一時停止せず、大変危険とのご指摘をいただきました。現地で写真撮影をした上で、現像して持参することにしました。

早速、本日(201881日)市役所 都市建設部 土木課 道路管理係の吉岡係長を訪問しました。カ
ーブミラーも1柱だがあり、一時停止の標識には1か所ではありますが、夜間に光るようになっていることから、他の交差点と比較して、道路管理上で問題は少ないとのことでした。

次に、教育委員会 生涯学習部 学校教育課 指導係の中山係長を訪問しました。具体的に下記の写真を2枚お渡しし、中学生の命が失われるような交通事故が発生する前にこの交差点は危険であることを指導するように申し入れました。

現在、羽村一中は夏休みのため、とりあえず、愛甲校長に申し入れをするとのこと。たまたま、担当者が今日、愛甲校長と面会するので、その旨を申し入れるとのことでした。羽村一中の生徒の大部分は徒歩で通学します。確か2kmを超えると、自転車通学が認められます。羽村一中の生徒は自覚を持って、行動すべきことを再度徹底していただきたいと思います。

2018年7月25日水曜日

霧ヶ峰

昨日(2018年7月24日)シニアクラブおざく台西のハイキング部とウォーキング部合同の「夏の研修バスツアー 霧ヶ峰高原」に参加しました。集合時間は6:45に集まり、霧ヶ峰へ。参加者は合わせて32名です。

ハイキング部の11名は車山肩で降り、車山のっこし、蝶々深山、物見岩で昼食、鎌ヶ池キャンプ場を通って八島ビジターセンター(あざみ館)がある駐車場に戻るコースです。ちなみにウォーキング部は八島ヶ原湿原を1周するコースで、こちらのコースも良かったとのことです。

都会の酷暑とは別世界の涼しい風が吹き、快適な1日を過ごすことができました。幹事の皆様、本当にありがとうございました。

2018年7月20日金曜日

ニプロ説明会

昨日(2018年7月19日)に、(仮称)ニプロ東京施設新築工事に伴う説明会が生涯学習施設「ゆとろぎ」レセプションルームで19:00から開催され出席した。この説明会は一昨日にも神明台会館でも開催されたが、同一内容ということで、昨日出席した。

会場は関係者も含めると100名近くもおり、説明はニプロ株式会社の林部長、株式会社フジタの関係者が行い、質疑応答があった。特に近隣のマンションに居住されている方が多く参加されたようで、質問は工事期間中及び工場が稼働してからの、住環境への影響を懸念する質問が相次いだ。

私は個人的にはイオンタウンができるより、工場の方が良いと考えている。「ものづくり」で発展してきた羽村市であり、今後も可能ならば、この路線を継続すべきであると考えている。今年10月に着工するが、今後とも情報収集に努めていきたいと思う。

2018年7月18日水曜日

ごみ処分場の視察

本日(2018年7月12日)、羽村市議会 厚生委員会の6名は廃棄物関連の事業所3カ所を視察した。

1.東京都日の出町にある、二ツ塚処分場、谷戸沢処分場を視察した。多摩地域25市1町で構成される一部事務組合「 東京たま広域資源循環組合」は400万人のゴミの最終処分を引き受けていただいている。

二ツ塚処分場では、かつては中間処理施設(清掃工場)の焼却灰をすべて埋め立て処理していたが、平成18年4月から、エコセメント化施設が本格稼働し、埋め立て処理はほとんど行っていない。素晴らしい成果だと思う。

谷戸沢処分場は昭和59年から14年間、380万立方メートルの埋め立てを行って、平成10年に終了した処分場である。今は多様な動植物が暮らす自然環境になっている。

2.武蔵村山市にある比留間運送株式会社 伊那平工場を視察した。羽村市を含む混合廃棄物は高速度選別機で処理される。例えば、私たち一般消費者はペットボトルのラベルを剥がし、洗浄して回収してもらう重要性を痛感した。

3.埼玉県入間市にある比留間運送 入間工場は木くず・動植物性残渣・ALC廃材のリサイクルを行っている。ここでリサイクルされる「人工軽量土壌(商品名:エルデ)」は屋上緑化に適しているとのことで、今後の都市緑化に貢献しそうである。