2018年11月19日月曜日

一般質問 2018.12

12月4日(火)から始まる平成30年第4回羽村市議会 本会議の私の一般質問は次の2項目です。
1.民間企業との包括連携協定について
2.健康寿命延伸の取組みについて
内容は左記の通りです。

本日(2018.11.19)から一般質問の受付が開始されました。毎回のことですが、朝8:30に市役所の議会事務局に通告書を提出すると、到着順で予備抽選・本抽選があります。今回は5名の本抽選になり、私が引いた籤は2番。15回目の挑戦でしたが、またも1番は引けませんでした。

本会議での一般質問は12月4日(火)、12月5日(水)、12月6日(木)の3日間です。私の一般質問は12月4日(火)の11:30からの60分と予測します。12時前後に昼休みが1時間程度ありますので、13:30~40終了の予定です。12月26日(月)の議会運営委員会で日程が決定します。ただし、時間は多少ずれることがございます。

私は、当選後、本会議の「傍聴のお誘い」を続けています。市議会の主役は市議会議員ではなく、皆様であると確信しております。質問をする議員は一生懸命、データを調査、発表原稿や再質問原稿を作成します。

皆様にもまずは是非、議会傍聴にご来場いただきたいと思います。平日ですので、お休みでない方などのために、インターネットでも一般質問を視聴できますが、実際の傍聴とは緊張感が違うと思います。

インターネット視聴は、このブログの右上の「高田かずとホームページ」をクリックし、「ホーム」の1番下にある「ネット中継-高田かずと」をクリックするとできるはずです。できない場合は羽村市の公式ウェブサイトから順に入って下さい。

2018年11月11日日曜日

青少年健全育成の集い・子どもフェス

青少年健全育成の集い・子どもフェスティバルが、11月10日(土)~11月11日(日)にかけて、生涯学習センターゆとろぎとゆとろぎ前道路で実施されました。

青少年健全育成の集いは小ホールで青少年健全育成功及び模範青少年表彰とポスターコンクール入賞者表彰は行われた。そのあと、各地区委員会の模擬店などのPRが子どもたちによってあり、模擬店で使用する看板などを使用し、自店の宣伝をしました。

子どもフェスティバルは主にゆとろぎ前道路で模擬店が、館内では各種の企画が実施され、子どもたちに、楽しくまた、有意義な体験ができたと思う。

2018年11月4日日曜日

羽村市産業祭

2018年11日3日から、本日4日まで第49回羽村市産業祭が富士見公園で実施されました。今年のテーマは「キラリ」と光る匠のワザ~見る・知る・ふれる~でした。
一番、勉強になったのは、消費者展。マイクロプラスチックの問題を正面から取り上げていて、例えば、デポジット制度。昔からある仕組みですが、もっと強力に推進する必要があると感じました。

開会式出席後、「ポイ捨て防止禁止等マナーアップキャンペーン」に参加し、市民にティッシュを配りました。そのあと、全体のイベントを楽しみました。写真は「私は絶対に選挙違反をしない」という強い信念を持っており、羽村市選挙管理委員会のブース前での写真と私も正会員の「市民パトロールセンターはむら」の写真です。

 閉会式出席後、工業展でバーチャルリアリティを体験しました。リニューアルした羽村市動物公園の映像は迫力があり、良かったです。

松尾貴史さんと

10月30日から11月11日までタレントで折り紙作家の松尾貴史さんの「折り顔展」がゆとろぎ展示室で開催されています。写真は「七福神」。他にも似顔絵の「折り顔」が120点ほど展示されています。1枚の正方形の紙を切ることなく、顔を折る。これは日本が誇る芸術作品ですね。

今日4日は「松尾貴史オリガミトーク」が14:00からゆとろぎ小ホールで行われました。うっかりして、入場券が入手できなかったため、キャンセル待ちになってしまいましたが、無事入場できました。大変楽しいトークと質疑応答の1時間半でした。

終了後、すぐに産業祭の閉会式に出席したため、作者とお話しする機会はないと思っていましたが、30分後に戻ってきたら、まだ展示室におられ、ツーショットをしていただきました。ありがとうございました。

2018年10月26日金曜日

花田景子講演会

2018年10月23日(火)18:00から花田景子氏講演会が生涯学習センターゆとろぎで開催されました。第8回オープンフェスてバルとして、公益社団法人青梅法人会が主催しています。講演のテーマは「~日本人の心おもてなし~」でした。

私は8月9日の西の風新聞で知りましたが、その日、「新しいおやじの会」で「小菅の湯」に行くことになっており、申し込みませんでした。

しかし、元横綱貴乃花の貴乃花部屋の女将である花田景子さんが羽村に来る機会はめったにないし、貴乃花親方の辞職という大きな出来事があり、講演を聞いてみたくなり、青梅法人会に問い合わしたところ、少し残席があるとのことで申し込みました。

当日は、ゆとろぎの小ホールだったのが大ホールに変更になっていました。貴乃花親方の話題で急遽会場を変更したようです。写真はポスターをスキャナしたものですが、入場者に配布されたものではなく、会場に貼られていたポスターを係の人が剥がしてくれたものです。ありがとうございました。

講演は冒頭から貴乃花親方の辞職から。親方の決断を100%支持するとしましたが、弟子との別れになると、声を詰まらせる場面もありました。花田景子というより河野景子は元フジテレビのアナウンサー、話は抜群に上手で思わず、話に引き込まれてしまいます。

印象に残った言葉を紹介します。「人間 どんな経験でも無駄なことはない」「人との会話は究極のおもてなし」「共通項を捜す」など沢山ありました。




2018年10月23日火曜日

羽村市文化祭

第49回羽村市文化祭が2018年10月6日から11月3日まで、生涯学習センターゆとろぎで実施されました。展示は3期に分け、ほぼ全館を使って展示されました。私は絵画などの作品を鑑賞するのが大好きです。本当は、かつて少しやっていた水彩画や、ごくわずか経験した書道、水墨画、写真、陶芸、篆刻などに再挑戦したい気持ちはあるのですが、精神的に無理なようです。

ホール発表もいくつか鑑賞しました。各グループの皆さま、本当に頑張っていると感心します。6日の小中学生音楽フェスティバルは全部、拝聴しました。本年6月議会でも一般質問させていただきましたが、羽村市のすべての小中学校がこういう形で演奏会が実施できるのは「音楽のあるまちづくり」の大いなる成果として、全国に誇れるものと考えています。

21日の文化講演「羽村市民の健康長寿延伸を願って」も素晴らしかったです。杏林大学名誉学長 跡見裕先生の長年の健康に対する思いがひしひしと感じられる内容で感銘いたしました。人生100年時代とはいえ、健康で迎えられることが最も重要と思います。

追伸:最終日の11月3日に行われた特別企画 音楽公演「魔笛」も本当に素晴らしかったです。大井哲也さんの演技と指揮での大活躍、成瀬和子さんのピアノと羽村フィルハーモニーの生演奏、プロの素晴らしい歌唱力、そして何より市民参加の「ゆとろぎオペラ合唱団」の登場と盛りだくさんの内容を楽しませていただきました。ありがとうございました。





2018年10月19日金曜日

六ケ所村を視察

厚生委員会の視察が10月16日~17日に1泊2日でありました。1日目の視察先は六ケ所村役場とPRセンタです。村役場では原子力対策課により「原子力施設に対する安全対策について」説明を受け、そのあと、六ケ所原燃PRセンターでは「原子燃料サイクル」について説明を受けました。

2日目は青森市役所を訪問し、「健康寿命延伸への取組」について説明を受けました。全国的に見て、低いレベルにある青森市の健康寿命を何とか延ばそうと様々な施策を講じており、大いに参考になりました。質問は沢山出ましたが、私が質問したのは、国民健康保険と協会けんぽの連携です。羽村市のように国民健康保険のデータだけでは分析も偏ると考え、質問しました。最後に市議会の議場を視察しました。2日間を通じて、大変勉強になり、今後に生かしていきたいと思います。