2018年4月30日月曜日

アマゾンは危険

アマゾン地域には人を襲うワニがいるという。同様に、通販大手の「アマゾン」も人を襲う。アリガトウ(アリゲーター)とはとても言えず、危険である。私も妻も襲われた被害者であるが、泣き寝入りするしかないようです。

きっかけは、3日ほど前、私のJCBカードの利用代金明細書に「Amazonプライム会費」として400円が引き落とされていたことを発見したことです。全く身に覚えがありません。

昨日(4月29日(日))の朝、妻が、通帳から、セゾンカードで3か月間、毎月400円引き落とされているという話がありました。妻は西友などに行って、情報を集め「Amazonプライム会費」ということが判明しました。電話をし、2か月分は返金されるとのことでした。400円の損害になります。

私も同じだ。と直感し、過去の明細書を確認すると、確かに毎月400円が引き落とされています。すぐに妻が聞いた電話番号に電話して、2か月分は返金されることになりました。明細書は過去分も保管しているので確認すると、昨年の10月から7か月も支払っていました。2000円の損害になります。

要するに、アマゾンの通販で購入する際、利点ばかりを並べプライムへ誘導する画面が大きく表示されるので、ツイうっかり、どこかの時点でクリックしてしまうと、簡単に会員になってしまい、しばらくは無料ですが、6か月後から毎月400円引き落とされることになる制度のようです。

7か月も明細書の内容を十分に確認していない自分も確かに悪いとは思います。しかし、ひどい制度でもあります。世界一とも言われる通販サイトのやることではありません。デジタルデバイドでPCに弱い人を狙い撃ちした一種の詐欺行為ともいえます。通帳や明細書はこまめにチェックする必要があるようです。もし、同じ事象を発見したら、すぐに0120-999-373に電話しましょう。

(2018年4月30日(月休))

2018年4月29日日曜日

中里介山忌

中里介山は東京都羽村市出身の小説家です。未完の長編小説「大菩薩峠」を執筆しています。命日の翌日である4月29日には、毎年、中里介山のお墓がある禅林寺で郷土研究会主催で中里介山忌が実施されています。私も、郷土研究会の一員であり、参列させていただきました。法要のあと、禅林寺の岡﨑啓純和尚から、介山の周辺の人々についての話があり、勉強になりました。介山自身のことは、ある程度知っている方が多いためです。

墓参のあと、同じ羽村で活躍している宗禅寺の高井正俊前住職と高井和正住職と宗禅寺文庫長の島田秀男氏が講話する第24回土曜講座が開催され、参加しました。


拡大図
ここで貴重な資料を見せていただきました。昭和20年8月15日の「詔書」の原稿です。日付が昭和20年8月14日になっているのが、興味深いところです。何でも禅林寺に疎開していた牧瀬幸弁護士が禅林寺に原稿を持ち込み、岡﨑守山和尚が書き写したそうです。岡﨑守山和尚は介山の戒名「修成院介山文宗居士」を付けた方で、岡﨑啓純和尚は孫になります。

他に
・創立72周年記念朝起会(熊牛会館)
・第13回羽村市美術工芸展第1期(生涯学習施設「ゆとろぎ」)
(2018年4月29日(日))



2018年4月28日土曜日

小作台小PTA総会

本日13:30からの小作台ジュニアバンドの演奏に引き続き、第39回小作台小PTA総会があり、参加しました。今年度の活動スローガンは「笑顔がつながる 小作台」でした。私のスローガンが「つながる力」ですので、共通点があります。

振り返れば、活動スローガンを始めたのは第19回の私がPTA会長になった時からです。スローガンは毎年変わっていますが、スローガンを設定すること自体は20年間続いています。

改めて、考えてみると、20年前は私も若くて、かなり無茶なことをしていますね。例えばPTAの組織というのを最後のページに追加したのですが、「PTAの主役(保護者の皆様)」を一番上に持ってきました。その下は大分変りましたが、この部分だけは変わっていません。

総会で委員会ごとに氏名を読み上げ、終わったら着席するパターンも引き継がれています。5分~10分総会時間が伸びますが、総会を活性化させるのには効果的でした。

羨ましいのは、本部役員の数です。20年前の本部役員は会計監査を除くと9名でした。私も役員数を増やして分担を減らそうとしましたが、副会長を1名増やして10名にしたのが精いっぱいでした。今は何と18名。役員選考委員会を廃止して、学級委員兼務にしているにも関わらず、12月頃には承諾がほぼ完了してしまうという報告が本日の総会でありました。何回もお願いに行って、やっと承諾を得た20年前とは隔世の感があります。

他に
・東小学校公開・栄小学校公開・小作台小学校公開にも参加しました。
(2018年4月28日(土))

2018年4月27日金曜日

「あるき」中毒

昨日、3万歩を超える歩数を歩いて、4月分の歩数累計が4日残して平均1万歩を超えました。歩数の記録は紙に書いてエクセルにも入力しています。2007年の4月から記録しています。

目標は毎日最低5000歩、月平均10000歩です。月とは1日から月末日までで繰越はしないと自分で勝手に決めています。だから、4月のように大幅に1万歩を超えても5月は0からのスタートです。この目標は高めです。毎日8000歩程度が良いという方も多く、自分に合った数字で決めるのが肝要と思います。

「あるく」ことは健康を維持する上で間違いなく良いと思います。ただし、歩きすぎるのも良くないと思います。十何年か前には平均2万歩という無理な目標を設定して、6か月目には歩けなくなる状況を経験しました。

こういう状況は「あるき」中毒というようです。略すると「アルチュウ」と誤解されるので、「あるき」中毒としています。今、私は「あるき」中毒の予備群になっています。最低1万歩を今日で、もう50日も連続しているのです。早く連続記録を止めたいのですが、せっかく続いているので…と今日も無理して1万歩超えをしてしまいました。

目的である健康維持と手段である「歩く」ことを混同しないように、適当な時期に最低1万歩は止めたいと思います。

(2018年4月25日(金))

2018年4月26日木曜日

奥多摩湖南岸をハイキング

本日はシニアクラブおざく台西のハイキング部(山茜会)のメンバー11名で奥多摩湖南岸をハイキングしました。朝7:18小作発の直通で奥多摩駅へ。臨時バスで小河内ダムへ。南岸の「奥多摩湖いこいの路」12㎞を2回休憩し「山のふるさと村」で昼食。麦山浮橋を渡って帰ってきました。小作の居酒屋「すえみ」で乾杯。歩数計は32600歩、少しハードでした。快晴で新緑の中、平坦でよく整備され道を歩けて、リフレッシュすることができました。メンバーの皆様には感謝です。(2018年4月26日(木))

いこいの広場から
小河内神社
麦山浮橋にて 
麦山浮橋全景




2018年4月25日水曜日

道路舗装の全面補修

道路の舗装はスポット舗装ではなく、本当は全面舗装しなければなりません。私も昨年12月「市道の舗装修繕促進について」という題名で一般質問しましが、正直申し上げて、羽村市の市道の舗装は周辺自治体と比較しても悪いです。多くの方々から言われます。都道がどんどん舗装が良くなっているので目立ちませんが、市道の舗装はなかなか進みません。

今年3月の「予算審査特別委員会」でも、道路舗装の予算が削減されていたため、厳しく質問をしました。委員会が休憩に入った後、市長が直接、私に説明に来ました。来年度以降は元の水準に戻すとのことです。期待したいと思います。

2018年4月24日火曜日

道路のスポット舗装

道路のスポット舗装は私が市議会議員になる前から市役所と掛け合って修繕していただいて経験があります。羽西1丁目でしたが、初めての「実績」だったので印象に残っています。

市議会議員にさせていただいてからは、道路のスポット舗装は都市建設部 土木課 道路管理係が担当することがわかり、何回か実現していす。最近も小作台3丁目のドラッグストア「セイムス」前の交差点近くの舗装がぼこぼこだったので、写真を持って道路管理係に舗装を要請した結果、速やかにスポット舗装されました。


「すぐやる」にびっくり

市民から「家の前の舗装状態があまりにもひどい」との相談がありました。早速、現地を確認しました。たまたま庭にいた本人とも話をし、写真を撮って、市役所 都市建設部 土木課 道路管理係 吉岡係長を訪問し、スポット舗装の要請をしました。昨年の12月14日(木)午後の4時頃の話です。

翌日には工事中
帰宅後、比較的前向きの回答があった旨を文書にしました。翌日、その市民に報告するため、現地を訪問したら、すでにスポット舗装の工事中でした。あまりにも早い対応にびっくりです。

昭和44年10月6日に設立された千葉県松戸市の「すぐやる課」を想起します。提案したのは松本清市長です。今も松戸市では「すぐやる課」はあるそうです。ドラッグストア「マツモトキヨシ」でも有名ですが、64歳で市長在任中に亡くなられたことは本当に惜しまれます。若い頃の強烈な記憶が、今の私の行動指針になっています。
(2017年12月15日)

2018年4月23日月曜日

羽村市議会タウンミーティングが具体化

本日(4月23日(月)13:30から開催された「議会改革特別委員会」で、羽村市議会タウンミーティングが具体化しました。開催日は今年7月7日(土)14:00から羽村市生涯学習センター「ゆとろぎ」地下1階のレセプションホールで開催されます。

「羽村市議会タウンミーティング」は市民に開かれた議会を目指して初めて開かれるものです。議会運営委員会に付託される形となり、私も議会運営委員会8名の一人として実行委員として、今後、詳細を詰めていきます。時間もあまりないことから4月27日(金)に実行委員会が開催されます。

2018年4月22日日曜日

清流地域で住居表示アンケートを実施

3月議会で「わかりやすい住居表示」を一般質問した。清流町内会地域の住民が住居表示についてどう考えているのかアンケートを取ることにした。2週間前くらい前から準備を進め、町内会長や市民課課長にも話をして、アンケートを制作した。

この地域の世帯数は310であり、320部作成することにして、文章2枚と回答用はがきを長形3号の封筒に入れる作業を正確に計っていないが、延べ20~30時間はかかったと思われる大変な作業であった。

昨日50部ポスティングし、今日は残りをポスティングした。明日頃から結果の返信が届くと思う。住民がどう考えているのか興味深い。
(2018年4月22日)

2018年4月21日土曜日

動物公園の新看板はSANAさんの作品

羽村市動物公園が改装中ですが、シンボルとなる新看板は羽村市出身のアーテストSANAさんが製作します。2016年6月議会で私が「羽村市の特色である動物公園などを活用した知名度アップについて」一般質問しました。動物公園の知名度アップにSANAさんとのコラボレーションを企画すべきであるとの立場からの質問でしたが、実現でき、本当にうれしいです。

4月20日付けの「西の風」新聞の1面にも大きく、羽村市動物公園でのSANAさんが製作する看板が記事になっていました。4月15日の広報はむらにも掲載されていましたが、「西の風」の方がインパクトが強いです。SANAさんのイラストはいつも素晴らしいもので、今回の看板もどんな楽しい作品になるのか今から楽しみです。来園する子どもたちも大喜びすることは間違いありません。

看板はクラウドファンディングで資金集めをします。妻、高田和枝もSANAさんの大ファンです。是非協力したいとのことで、目標額の1%とわずかですが、協力させていただきます。


2018年4月20日金曜日

介護認定日が延期?

4月13日(金)夕方に、近所の方から電話があり、自宅を訪問して話をお伺いしました。

3月16日に要介護認定を申請していて、4月19日10:00に在宅で訪問調査を受けることになっていました。ところが、4月12日付けの市長名で、要介護認定延期通知書が突然郵送され5月17日になる。すでに、地域包括支援センターに相談して、デイサービスを受けたり、福祉用具のレンタルも受けており、認定が遅れると困るとのことでした。とのことで相談したいとのことでした。

確かに困ると思いましたが、あいにく市役所の閉庁時間に入っていて、16日(月)に市役所に行って確認することを約束しました。

16日に高齢介護課 介護認定係の野口係長と面談しました。結論から言えば、本当は4月19日と書くべきところを5月17日と記載してしまったとのことで、午前中にミスに気が付き電話連絡したとのことでした。11件ほど同様のミスがあったようです。島田高齢介護課長から再発防止策を伺い、一応納得しました。

申請者のご自宅を訪問しお話ししましたが、要介護認定日の変更という申請側からすれば、重要な事項が事前の電話連絡もないことに驚いています。
(2018年4月16日(月))

空き巣防止のまちづくり

近所で空き巣被害が発生しました。隣が公園で夜間は暗く、窓ガラスが割られ、侵入されたとのことです。実は私も10年ほど前に空き巣に入られた経験がありました。裏側の窓ガラスのカギの部分が割られて侵入されました。その時、購入した窓ガラス防犯フィルム、窓ロックストッパーが、まだ家に残っていたため、差し上げました。また、公園には道路照明としてのLED街灯はありますが、公園内部には照明灯がないため、市役所に行き、都市建設部 土木課 杉山課長と公園管理係担当者に公園灯設置の要望をしました。
(2018年4月13日(金))

2018年4月19日木曜日

はむら健康教室

昨年11月頃から構想を開始し、3月2日に市民提案型協働事業に提案していた「はむら健康教室」は4月6日に審査会があり、その意義を説明しましたが、落選したとの連絡を代表の矢田さんから受けました。翌日、市民生活部 地域振興課を訪問し落選の要因を教えていただきました。(2018年4月17日(火))

柔道整復師など4つの国家資格を有する矢田さんが無償で健康教室を開くという構想で、私も賛同して、中心メンバーとして推進活動をしてきました。事前説明会や事前のヒアリング、福生で実施中の類似教室の視察、保険についての社協や「はむすぽ」からの情報収集など努力してきましたが、残念な結果に終わりました。団体としての組織が不十分な点と営利目的は全くないのですが、審査員に理解されなかったようです。

挨拶文にも記載しましたが、私の最大の願いは羽村市の皆様が老若男女を問わず、健康で充実した時を過ごしていただくことです。私も羽村市介護予防リーダーの登録者で「はむら健康教室」を立ち上げたかったのですが、本当に残念です。

たばこのポイ捨て防止

小作駅東口駅近くにお住まいの市民の方から、自宅前の道路(路上喫煙禁止区域)にたばこの吸い殻が良く落ちていて、掃除はしているが、何とかならないか、との相談を受けました。たばこの吸い殻は火災につながる危険性もあり、早速、産業環境部 環境保全課に相談しましたが、市民のモラルの問題が大きく、妙案はありませんが…としながらもラミネート化した看板を無償でいただき、その市民に追加で貼っていただくことにしました。
(2018年4月16日(月))

2018年4月13日金曜日

小作駅前の街区表示板

改善後
改善前
小作駅西口駅前の街区表示板が写真左のような状態になっていました。強風で飛ばされる場合もあり、危険と判断しました。市役所を訪問し、市民生活部 市民課に写真を持参して要請していましたが、速やかに修繕が実施(写真右)され、危険が除去されました。
(2018年4月11日(水))


2018年4月12日木曜日

ブログを再開します。

ホームページをリニューアルするのを機にブログを再開します。特に「活動」を中心にブログを作成していきます。この間、議員としては一生懸命、活動していましたので、過去に遡って「活動」、特に「実績」を記載する場合もあります。再開前のブログも残していただきました。日付が約1年半もあいていますが仕方ありません。また、活動と実績だけではなかなか、書けないので、それ以外の内容もラベルを「徒然」として記載します。

ホームページをリニューアルすることは相当以前からの懸案事項でした。当初は自分の力で、何とかしようと思っていて、昨年7月には、ゆとろぎで開催された「学生でもできる!プログラミングで作るWEBサイト入門」を受講しました。X domainというソフトを使用するのですが、結局良くわからずに挫折しました。そんなこんなで1年半以上も経過してしまった次第です。誠に申し訳ございません。

今後はこのブログを継続していくことをお誓い申し上げ、ブログ再開のご挨拶といたします。
(2018年4月12日(木))