2012年12月23日日曜日

中弛みの反省

11月27日の「ご意見をお伺いする会」の開催後26日が経ちます。都知事選挙期間中の政治活動原則不可を「言い訳」に、中弛みしてしまいました。このブログに反省を書くことで、けじめをつけ、今日からまた気合を入れて頑張ろうと思います。

11月27日に「ご意見をお伺いする会」までは、チラシ配布を頑張りましたが、逆に政策などがまとまらず、せっかく、平日の夜間にご足労いただいた17名の方には申し訳ないことをしたと思っています。

29日の都知事選挙告示以降、12月4日の衆議院議員選挙の公示も含め、12月16日の投票日前日までの選挙期間中は、政党に入っていない私は原則的に政治活動はできません。やるべきことは沢山あったのに、「だらだらと」した時間を過ごしてしまいました。大いに反省しなければなりません。

「だらだら」の代表が市民大学講座「心のコミュニケーション」受講かもしれません。昨日、全4回の講座を皆勤したことで、修了証書をいただきましたが、人生をかけた戦いの前に学ぶ内容ではなかった気がします。人の話を聞くことが大好きな自分としては、内容もまあまあであったし、快適な時間を過ごすことができましたが、優先順位を間違った気がします。この修了証書は「だらだら」の象徴として、自分の部屋に飾っておこうと思います。

毎日つけている「日記」を今、見ています。この間、決して時間的に余裕はあったわけではありません。羽村市議会がありましたので傍聴し、政治に関する関心は高いので、4候補が出席した合同個人演説会、ある衆議院議員候補者の個人演説会などを聴きに行ったりしていました。

大学も教授の個人指導を受けるための準備など学校関係で40時間以上の時間を費やしています。町内会の餅つき・夜回り、消費者センターと保健センターの料理教室、はむら自然友の会、大林素子講演会、囲碁のびる会、エコネットはむら反省会など決して「暇」ではありませんでした。FacebookなどのSMSなどもわからないが故に多くの時間を費やしました。

しかし、これは「言い訳」に過ぎません。この間に実行しようとしていた準備作業が半分も終わっていないではありませんか。やはり優先順位に間違いがあったと思います。今はこれを大いに反省しなければならないと考えます。

ちなみにブログも更新していません。「12月11日は結婚記念日で、ちょうど30年になりました。30年というと、人生の約半分を妻と過ごした計算になります。正確に言うと、妻は約1ヶ月前に、私は8ヶ月後に半分になります。娘から、お祝い品が届き、本当に嬉しいものです。」…というブログを書き始め、結局公開しませんでした。ブログは情報発信の手段として更新し続けなければなりませんよね。これも反省しています。