2020年8月21日金曜日

文化財説明板の充実

 

「文化財説明板」とは羽村市内各地にある文化財の傍に立っている説明板のことで、誰でも一度は見たことがあると思います。

コロナの全国緊急事態宣言が解除されたのを受け、5月26日から羽村市の寺社・史跡などの文化財を片端から訪問しようと思い立ちました。約2週間かけて、自動車を使わず、著名な寺社・史跡を全部回り、文化財説明板も42か所確認し、写真を撮りました。

「はむらの教育」令和2年7月1日号に文化財説明板は市内に52か所あるとの記事がありました。羽村市郷土博物館のご協力を得て、一覧表と地図をいただき、全部写真を撮ることに挑戦しました。自動車も使って探しましたが、どうしても見つからない 「文化財説明板」もあり、かなり苦労しました。結局、すべての「文化財説明板」を回り、4か所が存在しないことが確認できましたが、もっと整理した形で一覧表と地図を作成すべきと感じました。

「はむら文化財みて歩き」という地図が平成14年に発行されています。文化財の解説もあり、良くできていますが、市などの指定の文化財と解説と現地の「文化財説明板」が一致しません。「はむら文化財みて歩き」を「文化財説明板」の位置が特定できるように改訂すべきと考え、一般質問で取り上げることにしました。

2020年8月20日木曜日

災害時の避難と備蓄

9月議会が9月1日(火)から開催されます。市議会議員は市長から提出される議案や陳情などの審議をします。今回は特に決算審査があり、3日間審議します。

私にとって、精神的に最も重いのは「一般質問」です。一般質問は任意ですから、しなくても良く、実際にしない方もいますが、私は必ず一般質問をします。前回はコロナ禍で中止しましたが、今回は気合を入れてやります。市民の皆様からのご意見を自分なりにまとめ、60分の時間をフルに使って、市政をただすことは議員の職務と考えているからです。

3か月前からテーマを考えはじめ、インターネットで情報を収集し、羽村市の例規集を調べ、過去の他の議員の一般質問と完全な重複がないかチェックし、マスコミの切り抜きなども参考にまとめていきます。通告書提出の2週間前からは懸命に仕上げ作業をします。

その「一般質問通告書」を先日17日に提出しました。2項目ありますが、最初の1項目目は「災害時の避難と備蓄」をテーマにしました。

災害時の避難には課題が多いと考えています。特に新型コロナウイルス感染防止に関連して、避難所運営マニュアルの大幅な改定が必要であり、それに伴う備蓄品の充実も必要です。この点を質問します。

また、「羽村市地域防災計画」は羽村市の防災の基本計画ですが、若干不備があります。一つは「自主避難所」という言葉です。「羽村市メール配信サービス」などの公式文書に頻繁に使用されていますが、「地域防災計画」には出てきません。また、自動車による避難も「地域防災計画」には出てきません。市がどういう答弁を用意するのか注目しています。

まずは1項目目の「災害時の避難と備蓄」の一般質問通告書を添付します。

2020年8月19日水曜日

成分献血

本日、生まれて初めて「成分献血」をしました。過去の献血35回は1回目の200㏄を除き、34回は全部400㏄の献血でした。私はこの7月21日で69歳になりましたが、献血の年齢制限は69歳ですので、献血による社会貢献ができる最後の1年になります。

成分献血は、自動成分採血装置を用いて血液中の血漿や血小板のみを採取する方法です。献血する前の状態まで回復するのが遅い赤血球は体内に戻すので、身体への負担が軽い献血とのことです。 献血には40~90分ほどの時間がかかるとのことでしたが、私の場合は約50分で終わりました。400㏄の献血とあまり違いはありませんでした。採血と血液を戻す作業を数分間隔で自動的に繰り返すとのことでしたが、私にはいつ切り替わったのかわかりませんでした。違いといえば、成分献血の場合、初めての人は心電図を測る必要があった程度です。

400㏄の献血は約3か月半の間隔が必要ですが、成分献血は約2週間の間隔で可能とのことです。私の場合は前回の献血は6月5日で9月22日まで400㏄の献血はできません。ニュースで献血する人が減っていて、困っているとのことで、間隔の短い成分献血で協力したいと思いました。

今回の献血が36回目になります。最初の献血は30代になってからです。自慢はこの36回で、1度も事前の問診等で「不可」になっていないことです。一応、健康ということになるのでしょうか? 70歳の誕生日を迎える日まで、献血という社会貢献を続けたいと思います。