2015年11月19日木曜日

12月議会の一般質問通告書

羽村市議会議員に皆様のお蔭で当選させていただいてから、半年が経ちました。時の経つのは早いもので、もう12議会の一般質問通告書の提出期限が来てしまいました。今回が3回目ですが、まだまだ、未熟で、右往左往しながら、今回も何とかまとめました。11月13日から3日間が事前通告の受付期間ですが、今回も、初日の8:30までに提出しましたが、くじ引きで4番目になってしまいました。12月1日(火)の午後2時半~3時頃から質問を開始し、質問時間の60分を全部使う予定で、頑張ります。今回もぜひとも、多くの方に傍聴に来ていただければ幸いです。一般質問の通告書を貼付します。
 
 
大項目は3項目にしました。
1.東京都が作成した「東京防災」について
(1)2種類の「防災マップ」について
(2)記載漏れの原因について
→全世帯に配布された「東京防災」の「防災MAP」羽村市版は漏れが多く、羽村市が校正をしていない可能性もあり、東京都と羽村市の連携について質問します。

2.公園等の樹木と照明の管理について
(1)公園等の樹木の高木化防止について
(2)公園の照明について
→公園の樹木はこまめに剪定すべきとの立場から質問します。また、明るい公園を目指し、質問します。

3.防犯カメラの増設について
(1)これまでの市内での防犯カメラの設置状況について
(2)防犯カメラ設置説明会について
(3)防犯カメラの録画映像の提供について
(4)防犯カメラの今後の増設について
(5)高性能防犯カメラについて
→自分の公約の一つであり、防犯カメラの増設を要望する立場から、質問します。

2015年9月29日火曜日

議会改革の議員研修会

本日(2015.9.28)午後3:00から、議員18名全員と議会事務局3名が出席して、議員研修会がありました。テーマは「正しい議会改革について」でした。講師は一般社団法人 地域開発研究所 上席主任研究員の牧瀬稔先生でした。市民の声を市政に反映させるためには、市議会の機能を活性化し、議会改革を推進して、最終的には「議会基本条例」を制定すべきであると考える私にとっては、大変勉強になる研修会でした。牧瀬先生が強調した「住民福祉の増進」を実現するため、少しづつでも進めていくことが私も必要と考えます。写真は研修会の様子です。

羽村市議会も議会改革を推進中です。本日の午前中は2時間半にわたり、第5回羽村市議会改革委員会を開催しました。今後も月に1回のペースで開催し、開かれた市議会を目指して議会改革をすすめるべく努力してまいります。


2015年9月25日金曜日

9月議会報告

9月議会が9月1日から9月30日までの日程で開催中です。私の一般質問は9月1日(火)の15:00~16:00まで行いました。傍聴に来ていただいた方は全部で11名で、本当にありがたいと思います。心から感謝申し上げます。「時代に即した地域会館について」と「今後の図書館分室のあり方について」の2項目で一般質問しましたが、詳細は前回のブログでの通告書をご参照願います。

私の一般質問の様子は下記でインターネット中継を見ることができます。
下記で表示された画面の左で平成27年9月定例会 第1日(9月1日)をクリック→表の中から、4番目の高田和登の右「再生」をクリック願います。
動画

今回は再質問に力点を置き、前回よりは少しはうまくできたのかなと感じていましたが、帰宅後、傍聴席では私の声がほとんど届かなかったとのご指摘をいただき愕然といたしました。翌日、議会事務局に確認しましたが、機械は正常とのことで、結局、私のマイクの使い方が悪かったようです。傍聴に来ていただいた方には本当に申し訳なく、深くお詫びいたします。次回からは、もっとマイクを意識して話すようにいたします。なお、インターネット中継の方は問題なく聞き取れます。

9月議会は、本会議が9月1日からの4日間と、最終日30日の5日間ですが、予算審査特別委員会(補正)と決算審査特別委員会が3日間行われます。予算審査特別委員会(補正)というのは補正予算に対する審査を行いますので、事実上、毎回(年に4回)行われます。決算審査特別委員会と言うのは、今回の場合、平成26年度の決算を審査するもので、9月議会だけ年1回開催されます。ちなみに予算審査特別委員会は3月議会で3日間、年1回行われます。

決算審査特別委員会は石居議長と橋本監査委員を除く16名が羽村市の職員に対して質問できます。決算報告書(3冊)と事務報告書を合わせると、厚さ5cm以上になる膨大な資料を読んで、事前に質問を考えなければなりません。参考で使用する平成27年度の予算や過去の資料を加えると厚さ10cm以上になります。理事者など幹部全員が聞いていますし、議事録にも残りますので、あまり稚拙な発言もできませんので、3日間程度の時間をかけて、準備しましたが、まだ不十分だと思います。

結局、国勢調査などの基幹統計調査、羽村市史の編纂、消費生活相談、はむらふるさと祭り、防災計画の修正の検討、防災訓練の実施、特定健康診査の7項目について質問しました。1項目に付き、必要に応じて3回まで質問できますが、質問のストーリー構成など改善すべき点が多くありました。

議員側も大変ですが、回答する市の職員(原則課長職)はそれ以上に大変だと思います。本会議の一般質問は事前の通告がありますので、ある程度の準備はできますが、決算審査特別委員会は事前の通告がありませんので、膨大な資料を持って会議に臨んでいるようです。

2015年8月18日火曜日

9月議会の一般質問通告書

本日、9月議会の一般質問の通告書を提出しました。本日から3日間が受付期間ですが、初日の8:30までに提出することにしています。今日は6名の議員がくじを引き、私は4番目に一般質問をすることになりました。野球で言えば4番打者ですが、私も含め、おそらくみな1番を希望しています。羽村市議会の場合、初めの方に、市長の「発言」があります。国会で言えば「施政政方針演説」に相当するもので、並木心市長が、「市政方針」を述べます。傍聴者の多くは、市長の「市政方針」とともに、最初の一般質問を聴きますので、注目度の高い中での質問ができるためです。

私は4番目ですので、9月1日(火)の午後2時半~3時と予想しています。前回は、たぶん14名の方が傍聴に来ていただき、団体での傍聴を除けば、羽村市議会史上、最高の傍聴者数と噂されています。本当にありがとうございました。今回もぜひとも、多くの方に傍聴に来ていただければ幸いです。

議会事務局のチェックを受けた、一般質問の通告書を添付します。
 

大項目は2項目、それぞれ、3項目にまとめました。詳細部分は再質問で質していきたいと考えています。
1.時代に即した地域会館について
(1)集会施設の設置に関する条例について
(2)時代に即した集会施設について
(3)小作台西会館について
2.今後の図書館分室のあり方について
(1)今後の図書館分室のあり方について
(2)各小学校の図書室の充実について
(3)今後の小作台図書室について

2015年7月8日水曜日

初孫のお宮参り

久しぶりにまる一日の休日をいただき、今日は初孫のお宮参りをしてきました。初孫は選挙を全面的に支えてくれた長女の娘で6月5日(金)に生まれました。今は西東京市に住んでいます。生まれた日に対面して以来、1ヶ月ぶりの対面で、保育器に入っていた時しか知りませんので、順調に生育している姿をみて安心しました。名前は「彩恵」(さえ)です。写真を貼付します。どうぞよろしく!


娘によると、今日は「お宮参り」3点セットのフルコースだそうで、まず、「田無神社」でのお宮参りです。神主さんからのお祓いを受け、無事に成長することを祈祷していただきました。続いてイオンモール東久留米の中にある、子ども専門の写真館「子ども写真城 スタジオアリス」で、「彩恵」一人、「彩恵」と両親、出席者全員の3ポーズを撮影しました。最後に田無駅近くの「木曽路 田無店」で食事をしました。どこも、とても良い対応で少しリッチな一日でした。「彩恵」ちゃんお疲れ様。

孫はかわいいと良く言われますが、本当にかわいいですね。私は素晴らしい人と結婚できて、3人の子どもに恵まれ、家族全員が今のところ健康で、こうして初孫のお宮参りができる…… 本当に幸せです。人生のフルコースを全力で走ってこれたのも、妻をはじめとする家族や多くの先輩や友人の支えがあってのお蔭です。神仏のご加護もあったと思います。すべての人やものに心から感謝いたします。

2015年7月4日土曜日

「見る」と「する」は大違いの一般質問

羽村市議会議員になって、2ヶ月が経ちました。一般市民として考えていた市議会議員のイメージと、自分自身が市議会議員になってからの「市議会議員」のイメージは大きく変わりました。私は市議会の本会議や予算・決算審査特別委員会などを傍聴して、市議会について、少しは知っているつもりでいましたが、「見る」と「する」とは大違いでした。「する」方で一番大変なのが、本会議での一般質問です。傍聴者として何回も「見る」経験をしてきましたが、実際に「する」となると、大きなエネルギーが必要でした。

まず、テーマについて事前調査が必要です。担当部署に行って情報収集し、自分でも調べて、「一般質問通告書」をまとめ、提出しなければなりません。私の場合、5月27日の朝一番に「一般質問通告書」を事務局に提出しました。朝一番に提出するのは、提出順に一般質問が行われるためで、私が所属する会派「新しい風」の小宮國暉代表の方針で、私も従うことにしました。5月27日の8:30までに議会事務局に来た5人の議員でくじ引きがあり、私は5番目になってしまいました。

その日から、、本会議初日の6月11日までの約2週間は、質問内容を深耕し、再質問を考えなくてはなりません。通告に基づき、各担当部局は「市長答弁」を作成するわけですから、私の方も通告内容を変更することはできませんが、再質問をどう構成し、戦略を練るかは私の腕の見せ所です。

6月11日の16:10から、私は一般質問をしました。登壇し、要旨などを述べた後、通告に従い、一般質問しました。市長からの答弁に対し、私が再質問をし、原則、部長職から回答がありました。60分間の真剣勝負でした。かなり、緊張してしまったこと、時間配分がうまくできなかったことなどの反省事項はありますが、次回以降に活かしたいと思います。

事前に「羽村市議会傍聴のお誘い」という案内を多くの方に出したことが奏功し、10名以上の方が私の一般質問を傍聴しにきていただきました。本当にありがとうございました。市長さんや何人かの部長さんから、団体での傍聴を除けば、羽村市議会始まって以来の快挙ではないかと賞賛されました。わざわざ傍聴に来ていただいた方に心から感謝申し上げます。

一般質問の大項目は次の4項目です。
1.「防災マップはむら」の普及について
2.羽村市総合防災訓練について
3.AEDの普及について
4.旧町営住宅跡地を暫定整備した小作台5丁目広場について


私の一般質問の様子は下記でインターネット中継を見ることができます。
下記クリックで表示された画面の左で平成27年6月定例会 第1日(6月11日)をクリック
→表の中から、5番目の高田和登の右「再生」をクリック願います。動画


なお、ブログにアップするのが遅れ申し訳ありません。



2015年5月21日木曜日

市議会議員の毎日は充実しています

皆様の温かいご支援で羽村市議会議員になれて、まもなく1ヶ月。市議会議員の毎日は充実しています。今日から3日間は新人議員の研修です。一日中、副市長や部長を講師に勉強させていただいています。生徒は2名だけです。今回の新人議員が浜中順議員と私の2名のためです。羽村市の行政について、こういう勉強をさせてもらえるのは本当に幸せです。

今日の研修後は「ゆとろぎ」レセプションホールで開催中の羽村市商工会通常総会後の懇親会に合流しました。写真は羽村市出身のロックグループ「リフレンズ」のボーカル「SHUNKUN」とのツーショットです。

このほかにも、任意で参加できる総会や懇親会が沢山あり、充実した毎日を送っています。本当に皆様のおかげで市議会議員になれて良かった。良かった。良かった。

最後になりましたが、議会報告をします。昨日18日の臨時議会で議長・副議長、常任委員会、一部事務組合の議員などが決まりました。議長は石居尚郎議員(公明党)、副議長に濱中俊男議員(リフレッシュ羽村)です。私は常任委員会が経済委員会に決まったほか、羽村市基地対策特別委員会、学校給食組合議会、三多摩上水道建設促進協議会、羽村市土地開発公社評議員、議会だより編集委員会が役職として割り当てられました。職責を果たしながら、「地道にコツコツ」勉強させていただきます。

2015年5月2日土曜日

今日から羽村市議会議員です。

今日(5月1日(金))から羽村市議会議員です。4月27日(月)には当選証書の授与がありました。写真はその時の写真と当選証書を撮ったものです。本当に皆様のお蔭と心から感謝申し上げます。
  

4月26日の深夜に当選が決定してから5日間、早朝は小作駅・羽村駅で挨拶をし、日中は関係者の訪問や電話、時間があれば、関係者への電話による報告など、あわただしい日々が続き、ブログを更新する「ゆとり」がなく、申し訳ございませんでした。

27日の当選証書授与のあと、小宮國暉議員から、一人会派「新しい風」へ参加を打診されました。高田かずと後援会の方々とも緊急に相談するなどしました。後援会があっての自分ですが、様々なご意見が出され、苦慮する日々が続きました。熟慮し結果、自分の最終判断として、「新しい風」への加入を決断し、4月30日に会派届を議会事務局に提出致しました。2人会派になった「新しい風」に新しい風を吹き込むことができれば良いと考えています。もちろん、当分の間は小宮國暉議員の指導で活動することは言うまでもありません。

これからも難しい判断を求められる局面がいろいろあると思います。判断基準は政党ではなく「市民」と考えています。「市民にとって良いか悪いか?」を慎重に考え、適切な判断をしていきたいと考えています。

2015年4月27日月曜日

皆様のお蔭で当選できました。

皆様のお蔭で、羽村市議会議員に初当選できました。ありがとうございました。心から感謝申し上げます。皆様のお力添えがあっての議員です。まだまだ未熟ですが、よろしくご指導をお願い申し上げます。

選挙の結果は次の羽村市の公式サイトをご覧願います。


これはゴールではないと考えています。今日はスタート台に立てた日と考えています。様々な皆様のご意見を私にお寄せ下さい。地道にコツコツと問題解決の為、誠実に取り組んでいきます。

選挙結果報告会の後、このブログの更新をしようとしましたが、調子が悪く、公開が遅くなったことをお詫びします。これから、小作駅頭で通勤される方々に、ご挨拶します。

2015年4月25日土曜日

最終演説会は本日(4月25日)19:00~19:30

最終演説会は本日(4月25日(土))19:00~19:30に小作駅西口ロータリーで開催します。当初の予定では19:00~20;00に開催予定でしたが、短縮します。政党公認の組織選挙をする候補と異なり、後援会の代表や、何人かの応援演説のあと、本人「高田かずと」の決意表明が行われるだけの地味な最終演説です。ご参加いただければ幸いです。

私は最近「地道にコツコツ」を合言葉にして、地域の政策を訴えています。最終演説もその点を中心にお話ししたいと考えています。

なお、明日(4月26日(日))21:30~選挙結果報告会を選挙事務所で行います。こちらもご参加いただければ幸いです。場所の地図を以前作成したものを写真に撮って貼付します。

いよいよ明日が投票日

4月19日告示で、羽村市市議会議員の選挙戦が始まりました。初日の立候補受け付け後、昨日までは朝6時からは駅立ち、8時頃からは夕方までは街宣車に乗り続け、その後はまた、駅立ちのパターンを繰り返してきました。今日、最終日は土曜日であり、パターンを変えて、自転車で、朝6時過ぎに富士見公園に行き、ラジオ体操参加者にご挨拶をし、7時過ぎから羽村駅でご挨拶をしました。写真は富士見公園と羽村駅前で撮ったものです。
 


法改正でインターネット選挙ができることになりましたが、本人の時間が確保できずに、更新ができず誠に申し訳ございません。是非、「高田かずと」へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

その前に、まずは、明日の投票日には必ず、投票に行っていただきたいと思います。投票は民主主義の原点です。投票用紙に記載する氏名は、選挙公報や他の資料をよく見て、自分の考えに最も近い候補の名前を記入してください。

もちろん、それが私「高田かずと」であれば、これに勝る喜びはありませんが、民主主義の原点であることを考えれば、自分の考えに近い候補者の氏名を記載すべきです。とにかく、棄権は危険です。民主主義が危険な状態になります。明日の投票日には必ず投票に行きましょう。高田和登からのお願いです。

2015年4月10日金曜日

金刀比羅神社の御利益

地元小作駅前にある金刀比羅神社春の例大祭が4月4日(土)16:00~19:00に宵宮、4月5日(日)9:00~15:00に本宮と2日間で行われました。その前に、4日(土)9:50~準備作業がありましたが、盛会裏に終わることができました。お祭りの時の写真を貼付します。金刀比羅神社の総代にさせていただき、1年が経ちました。この間、ほどんどすべての必須行事には参加しました。「引き受けた以上、責任を持って完遂する。」という私の考えに基づくものです。
 羽村市議会議員選挙告示日の2週間前でした。公職の候補者として、事前審査(4.7)の準備などもあり、この2日間は多忙かつ貴重な時間でしたが、「引き受けた以上、責任を持って完遂する。」という私の考え方から、2日間を費やしました。


もう一つ理由があります。金刀比羅神社の御利益を強く感じるからです。総代になってから、1年間で、おそらく250回近く神社に参拝して、祈願をしていますが、その御利益があったとしか考えられないことが起こったのです。小作地区を巡る選挙情勢はこの4ヶ月間で目まぐるしく変遷しました。現職が引退するという噂はありましたが、確実ではありませんでしたし、優秀かつ有力な候補者が次々に立候補を検討されるなど、私は大変厳しい状況に追い込まれました。しかし、私にとっては「幸運」としか言いようのない状況になり、最終的に、小作地区で立候補しそうな候補は、公明を除き私一人になったのです。金刀比羅神社の御利益と素直に考えたいと思います。

金刀比羅神社以外にも秩父観音霊場札所巡りなど仏様にお願いする機会も多くあり、広くは神仏のご加護によるものと思いますが、それらの信心が「幸運」を呼び込んだものと確信いたします。

それでも、当選確実とはならないのは、私の不徳の致すところです。多くの方々から、厳しい叱責を沢山頂戴しております。少しづつでも修正しながら、人格を高めていきたいと考えております。羽村市議会議員選挙告示日まで、あと10日です。油断しないで最後の最後まで、全力を尽くして頑張っていきたいと思います。

2015年4月6日月曜日

新しいチラシができました。

新しいチラシができました。選挙投開票日のちょうど1ヶ月前ですので、もう約10日前になります。既に、駅で配ったり、後援会入会のための個別訪問で手渡したりしていますが、ブログの更新が遅くなり申し訳ございません。添付しますので、是非お読みいただき、私の政治姿勢にご理解をいただきたいと思います。





ブログ更新の遅延を釈明します。3月4日(水)に、後援会事務所を借用し、自宅と事務所の両方にパソコンを設置し、ドロップボックスでデータを共有化しようと考えました。古いパソコンも5年も使用しているし、財布のひもが緩くなっていることもあり、新しいPCを購入しました。現在使用中のNECではなく、DELにしてしまいました。ほぼ同機能で、価格が数万円以上安いためです。キーボードの配列が統一されていないなど、いろいろ相違があり、そのたびに悪戦苦闘し続けています。

相違点の一つが、プログ更新の画面が新パソコンでは上手く出てきません。多分どこかが違うのでしょうが、どこが問題なのかがわからない為、今回のブログ更新は古いパソコンで操作しています。今後もできるだけ、ブログの更新作業に努力していきたいと思います。

2015年2月25日水曜日

創作和菓子とひな人形展とサッカー場

先日、羽村市小作台2丁目にある、和菓子のお店「紀乃家」で、ひな壇に飾れるような、かわいい和菓子を創作しており、工房を見学させていただいた上、その和菓子を頂戴しました。「みかん」と「メロン」と「イチゴ」が本当にかわいくできており、帰宅後、いただきましたが、おいしかったです。写真を貼付します。


   

この和菓子が多摩ケーブルから紹介されると共に、ジョイントで羽村市立郷土博物館で開催中の企画展「ひな人形展」が紹介されるということでした。郷土博物館の「ひな人形展」は2月7日(土)から3月8日(日)までですので、そちらも行ってみました。企画展「ひな人形展」の写真も貼付します。



羽村市立郷土博物館は、新版「はむらの植物ガイド」を編集する時に大変お世話になり、その後はボランティアで里山保全活動をお手伝いするなど、浅からぬご縁がありました。郷土博物館周辺は羽村市に残された最後の自然観察ができる場所です。

郷土博物館から先、多摩川沿いに、約700mほどは羽村市の市域です。サッカーの練習場が不足しているので、この地域をサッカーの練習場にしたい…という声をいただきましたので、どうなっているのか、現地調査をするため、少し歩いてみました。だいぶ、以前から変化していましたが、やはり、ここは自然を後世に残すべき区域と感じました。

サッカー場の不足はかなり深刻なようです。私は、羽村堰下橋の近くの堰下レクリエーション広場(写真添付)をサッカー場に改造することを提案し、今後要請していきたいと考えます。管轄のスポーツ推進課に行って、お話しを聞いたところ、①サッカー場が不足している事、②堰下レクリエーション広場は大人のサッカー場としては少し狭いこと、③堰下レクリエーション広場の利用者は必ずしも多くはないことが確認できました。まずはここでの、サッカーの練習を可能にし、将来的には拡大して、サッカー場にすることを要請していきたいと考えます。


2015年2月9日月曜日

池上彰講演会を聴いてきました。

本日(2月8日)14:00~ゆとろぎ大ホールで開催された池上彰講演会を聴いてきました。テーマは「エネルギー問題が世界を動かす」でした。12分ほど前に入場したら、すでに満員で残席わずかということで、後ろの方の座席を指定されて着席しました。写真はゆとろぎ前に立てられた看板です。

 さすがに話は上手でわかりやすく、大いに勉強になりました。ユダヤ教→キリスト教→イスラム教の関連や、石油ショックからシェール革命そして現在の石油価格の値下がりの関連がわかりやすく説明されました。もう一つのさすがは終了時間です。15:30ぴったりに終わらせたことで、放送現場の厳格さと感じさせました。

今朝の読売新聞朝刊1面に「再生エネ、原発で計5割」「30年比率 政府検討」の記事があり、池上先生の原発に対する意見を質問しようと準備していましたが、5~6名の質問者がいて、さされなかったので、質問できませんでした。意見の分かれる問題を一流の人はどうさばくかを拝見したかったところです。

会場内での写真はストロボを使用しなければOKとのことで、撮影しましたが上手く撮れませんでした。こういう大ホールでの撮影はコンパクトカメラでは荷が重いです。恥ずかしいけれど、貼付します。一昨日の第27回羽村市老人クラブ連合会の福祉大会の歌謡ショーの秋吉真実さんは、本人から撮影許可の発言があり、最後列から撮影しましたが、まあまあ上手く撮れていました(写真貼付)。今回の池上彰講演会も、もう少し頑張れば良かったのかと反省しています。

  


2015年2月5日木曜日

金刀比羅神社節分祭

昨日(2月3日)、小作駅前にある金刀比羅神社の節分祭が挙行されました。地域の子どもたちやその保護者など、約100名の方にお集まりいただき、小さな境内が一杯になる盛況でした。豆まきは17:30(栄町担当)、17:45(小作台東担当)、18:00(小作台西担当)の3回実施しました。子どもたちの目当ては福豆と一緒に撒かれる50円玉と5円玉でしたが、私も初めて小作台西の金刀比羅神社総代として、福が来るように、豆を撒きました。写真は豆を撒く少し前に撮影したものです。

 来ていただいた方には甘酒が振る舞われ、子どもにはビスケットが1箱プレゼントされました。大人向けには日本酒とめざしが出て、盛り上がりました。私はというと、18:30~、小作台小学校の学校評議員会があり、アルコールは遠慮しました。なお、ジャンパーの中はスーツ姿です。

金刀比羅神社の総代になって、まもなく1年になります。総代が原則的に出席する行事は、春季例大祭、羽村市神社総代会、秋季例大祭、年末清掃、大晦日参拝、元旦祭、節分祭のほか、総代会が5回、大祭の前の準備打合せが2回ほどありました。このほかにも、代表が交代で出席する行事もあります。私にとって、初めて体験する行事が多く、本当に勉強になりました。推挙していただいた方に心から感謝申し上げます。

2015年2月4日水曜日

羽村市議会議員選挙立候補予定者説明会

本日、(2月3日(火)14:00~)羽村市議会議員選挙立候補予定者説明会がゆとろぎ小ホールで開催されました。4月19日(日)告示、4月26日(日)投開票の市議会議員の選挙がいよいよ間近に迫って来ました。本日の説明会に出席した方は現職の陣営が15、新人の陣営が7の計22陣営でした。現職が1~2名引退と噂されていますが、本日欠席の現職の方で立候補確実の方もいますので、結局、定数18名に対し、23~24名が立候補を検討していると思われます。5~6名落選する混戦模様です。

立候補予定者説明会は立候補予定者を推測する参考にはなりますが、あてにはなりません。立候補を考えている方の多くは出席しますが、出席しても立候補しない人もいれば、説明会に出席しないで立候補することも可能です。

一例をあげますと、約2年前の市長選挙・市議会議員補欠選挙です。市長選挙は、現職のほかに1名出席者がいましたが、結局、立候補せずに、市長は無投票当選になりました。一方、市議会議員補欠選挙は1名しか出席者がいませんでした。このため、その立候補予定者は、無投票当選を確信してしまい、結局、後から強力な立候補者が出現して、負けてしまうという失態を演じています。いかに立候補予定者説明会への出席が実際の立候補とリンクしていないことを一般的な事実として述べました。

本日のこの説明会には私も出席しました。写真はいただいてきた書類の山です。見るだけでもぞっとする書類の多さです。私は今回が3回目の出席で、慣れてきたとはいえ、大変な作業です。これから、少しずつ書類を作成していくことになります。

 上記の例を引き合いに出すまでもなく、油断大敵です。予定外の出席者もいて、大変厳しい状況になりつつあります。約4年前の714票、約2年前補欠選挙の3840票を活かせなかった責任を痛感し、お詫びの意味も含めての再々挑戦ですが、過去2回の失敗を反省して、「3度目の正直」を信じてこれからも活動し続けます。

今まで以上に、スタンスを明確にし、政策を充実させ、これまで活動してきたこと、これからやろうとしていることを確実・着実に進めることが、「3度目の正直」を実現する最善策と確信し、全力で頑張ってまいります。

2015年2月2日月曜日

羽村市スポーツリーダー認定証の更新

本日、羽村市スポーツリーダー講習会を2科目受講し、羽村市教育委員会の認定証を3年間、更新することができました。もともと、3年前の平成24年に広報はむらに「スポーツリーダー養成講習会」が掲載されているのを見て、応募し、3日間をかけて、6科目を受講し、認定されていたものでした。有効期間は3年間のため、本年度が更新期限でしたので、更新講習を受講したものです。写真は2科目目「ウォーミングアップとクーリングダウンの理論と指導法」の榊原あつ子先生とのツゥーショットです。なお、1科目目は「スポーツ事故の法的責任リーダーとしての役割」でした。

この羽村市スポーツリーダーは6年前に制度が始まり、現在までに228名の方が認定されているとのことです。スポーツ団体の指導者やリーダーが比較的多いとのことですが、個人でも認定を受けることができます。私も個人で受講し認定を受けています。自分の健康維持を考えた時、スポーツや食事の知識は必須です。

私はこの種の講習会や研修に参加するのが大好き人間です。これまでにも羽村市福祉健康部高齢福祉介護課の「介護予防リーダー」の育成研修や、社会福祉協議会主催の「傾聴」講座、最近では認知症サポーターの講座を受けています。「一生涯学び続ける」の実践の一例でした。

2015年1月29日木曜日

息子から冷蔵庫のプレゼント


我が家の2番目の子どもで、公務員の息子が、年末年始に帰宅し、私たち夫婦に日立の冷蔵庫をプレゼントしてくれるという話をしてくれました。そろそろ購入しようと思いつつ、まだ使える、まだ使えると引き延ばしてきた冷蔵庫です。ありがたくプレゼントを受けることにしました。型式はR-G4800E、観音開きの6ドアです。今日1月26日(火)に設置されました。


前の冷蔵庫の型式はR-42MVP1で、1997年製ですので、約17年使用したことになります。長い間、ありがとうございました。日立製品は自分が長年勤務していたことを割引いても、丈夫で長持ちすると思います。特にモーターを使用した冷蔵庫・エアコン・洗濯機・掃除機などの家電品は特に長寿命です。昔は「モートルの日立」と言われていたそうで、その伝統はモノづくりの精神として脈々と受け継がれているようです。


私は日立への愛社精神が高く、ほぼすべての家電品は日立製です。それは妻が呆れるほどの徹底ぶりですが、その妻も日立のモーター関連の家電品は特に良いとよく口にします。職場などで他社製品を使っての比較ですが、嬉しい気持ちになります。

購入したお店は「でんきのAmi」という街の電気屋さんです。約30年の付き合いで、日立退職後も高額商品は「でんきのAmi」を利用させていただいています。何かあった時にすぐに対応していただけるチェーンストールは何かと便利です。

冷蔵庫は毎年省エネ化が進んで、17年前の冷蔵庫と比較して、消費電力は40%以下になっているようです。毎月の電気料金がどのくらい下がるかが楽しみです。

息子が20万円以上もする冷蔵庫をプレゼントしてくれるとは夢のようです。先ほどお礼のメールを打ちました。ありがとう。本当にありがとう。


2015年1月2日金曜日

新年あけましておめでとうございます。

「迎春」新年あけましておめでとうございます。でも私にとっての春は4月27日(月)です。2015年の元旦は初詣2ヵ所(新町御岳神社と金刀比羅神社)と駅でのパンフレット配りでスタートしました。

新町御岳神社は日立御岳神社の本社ということで、約30年前から、ほぼ毎年、家族そろって初詣に行きます。今年も、結婚した娘を除く4人で参拝に行きました。

金刀比羅神社は地元の神様として、やはり約25年前から、ほぼ毎年、初詣に行っています。今年からは神社総代として、午前0時の元旦祭で多くの方々と一緒に初詣をしました。写真は翌朝、一人で行って、心静かに参拝した時のものです。
 
今年の当面の目標はただ一つです。その為に何をすべきか考えた時、やはりパンフレットを配布することと考え、実行しました。小作駅を通る人は少なかったですが、「政治活動はじめ」といったところでしょうか。