2015年2月25日水曜日

創作和菓子とひな人形展とサッカー場

先日、羽村市小作台2丁目にある、和菓子のお店「紀乃家」で、ひな壇に飾れるような、かわいい和菓子を創作しており、工房を見学させていただいた上、その和菓子を頂戴しました。「みかん」と「メロン」と「イチゴ」が本当にかわいくできており、帰宅後、いただきましたが、おいしかったです。写真を貼付します。


   

この和菓子が多摩ケーブルから紹介されると共に、ジョイントで羽村市立郷土博物館で開催中の企画展「ひな人形展」が紹介されるということでした。郷土博物館の「ひな人形展」は2月7日(土)から3月8日(日)までですので、そちらも行ってみました。企画展「ひな人形展」の写真も貼付します。



羽村市立郷土博物館は、新版「はむらの植物ガイド」を編集する時に大変お世話になり、その後はボランティアで里山保全活動をお手伝いするなど、浅からぬご縁がありました。郷土博物館周辺は羽村市に残された最後の自然観察ができる場所です。

郷土博物館から先、多摩川沿いに、約700mほどは羽村市の市域です。サッカーの練習場が不足しているので、この地域をサッカーの練習場にしたい…という声をいただきましたので、どうなっているのか、現地調査をするため、少し歩いてみました。だいぶ、以前から変化していましたが、やはり、ここは自然を後世に残すべき区域と感じました。

サッカー場の不足はかなり深刻なようです。私は、羽村堰下橋の近くの堰下レクリエーション広場(写真添付)をサッカー場に改造することを提案し、今後要請していきたいと考えます。管轄のスポーツ推進課に行って、お話しを聞いたところ、①サッカー場が不足している事、②堰下レクリエーション広場は大人のサッカー場としては少し狭いこと、③堰下レクリエーション広場の利用者は必ずしも多くはないことが確認できました。まずはここでの、サッカーの練習を可能にし、将来的には拡大して、サッカー場にすることを要請していきたいと考えます。


2015年2月9日月曜日

池上彰講演会を聴いてきました。

本日(2月8日)14:00~ゆとろぎ大ホールで開催された池上彰講演会を聴いてきました。テーマは「エネルギー問題が世界を動かす」でした。12分ほど前に入場したら、すでに満員で残席わずかということで、後ろの方の座席を指定されて着席しました。写真はゆとろぎ前に立てられた看板です。

 さすがに話は上手でわかりやすく、大いに勉強になりました。ユダヤ教→キリスト教→イスラム教の関連や、石油ショックからシェール革命そして現在の石油価格の値下がりの関連がわかりやすく説明されました。もう一つのさすがは終了時間です。15:30ぴったりに終わらせたことで、放送現場の厳格さと感じさせました。

今朝の読売新聞朝刊1面に「再生エネ、原発で計5割」「30年比率 政府検討」の記事があり、池上先生の原発に対する意見を質問しようと準備していましたが、5~6名の質問者がいて、さされなかったので、質問できませんでした。意見の分かれる問題を一流の人はどうさばくかを拝見したかったところです。

会場内での写真はストロボを使用しなければOKとのことで、撮影しましたが上手く撮れませんでした。こういう大ホールでの撮影はコンパクトカメラでは荷が重いです。恥ずかしいけれど、貼付します。一昨日の第27回羽村市老人クラブ連合会の福祉大会の歌謡ショーの秋吉真実さんは、本人から撮影許可の発言があり、最後列から撮影しましたが、まあまあ上手く撮れていました(写真貼付)。今回の池上彰講演会も、もう少し頑張れば良かったのかと反省しています。

  


2015年2月5日木曜日

金刀比羅神社節分祭

昨日(2月3日)、小作駅前にある金刀比羅神社の節分祭が挙行されました。地域の子どもたちやその保護者など、約100名の方にお集まりいただき、小さな境内が一杯になる盛況でした。豆まきは17:30(栄町担当)、17:45(小作台東担当)、18:00(小作台西担当)の3回実施しました。子どもたちの目当ては福豆と一緒に撒かれる50円玉と5円玉でしたが、私も初めて小作台西の金刀比羅神社総代として、福が来るように、豆を撒きました。写真は豆を撒く少し前に撮影したものです。

 来ていただいた方には甘酒が振る舞われ、子どもにはビスケットが1箱プレゼントされました。大人向けには日本酒とめざしが出て、盛り上がりました。私はというと、18:30~、小作台小学校の学校評議員会があり、アルコールは遠慮しました。なお、ジャンパーの中はスーツ姿です。

金刀比羅神社の総代になって、まもなく1年になります。総代が原則的に出席する行事は、春季例大祭、羽村市神社総代会、秋季例大祭、年末清掃、大晦日参拝、元旦祭、節分祭のほか、総代会が5回、大祭の前の準備打合せが2回ほどありました。このほかにも、代表が交代で出席する行事もあります。私にとって、初めて体験する行事が多く、本当に勉強になりました。推挙していただいた方に心から感謝申し上げます。

2015年2月4日水曜日

羽村市議会議員選挙立候補予定者説明会

本日、(2月3日(火)14:00~)羽村市議会議員選挙立候補予定者説明会がゆとろぎ小ホールで開催されました。4月19日(日)告示、4月26日(日)投開票の市議会議員の選挙がいよいよ間近に迫って来ました。本日の説明会に出席した方は現職の陣営が15、新人の陣営が7の計22陣営でした。現職が1~2名引退と噂されていますが、本日欠席の現職の方で立候補確実の方もいますので、結局、定数18名に対し、23~24名が立候補を検討していると思われます。5~6名落選する混戦模様です。

立候補予定者説明会は立候補予定者を推測する参考にはなりますが、あてにはなりません。立候補を考えている方の多くは出席しますが、出席しても立候補しない人もいれば、説明会に出席しないで立候補することも可能です。

一例をあげますと、約2年前の市長選挙・市議会議員補欠選挙です。市長選挙は、現職のほかに1名出席者がいましたが、結局、立候補せずに、市長は無投票当選になりました。一方、市議会議員補欠選挙は1名しか出席者がいませんでした。このため、その立候補予定者は、無投票当選を確信してしまい、結局、後から強力な立候補者が出現して、負けてしまうという失態を演じています。いかに立候補予定者説明会への出席が実際の立候補とリンクしていないことを一般的な事実として述べました。

本日のこの説明会には私も出席しました。写真はいただいてきた書類の山です。見るだけでもぞっとする書類の多さです。私は今回が3回目の出席で、慣れてきたとはいえ、大変な作業です。これから、少しずつ書類を作成していくことになります。

 上記の例を引き合いに出すまでもなく、油断大敵です。予定外の出席者もいて、大変厳しい状況になりつつあります。約4年前の714票、約2年前補欠選挙の3840票を活かせなかった責任を痛感し、お詫びの意味も含めての再々挑戦ですが、過去2回の失敗を反省して、「3度目の正直」を信じてこれからも活動し続けます。

今まで以上に、スタンスを明確にし、政策を充実させ、これまで活動してきたこと、これからやろうとしていることを確実・着実に進めることが、「3度目の正直」を実現する最善策と確信し、全力で頑張ってまいります。

2015年2月2日月曜日

羽村市スポーツリーダー認定証の更新

本日、羽村市スポーツリーダー講習会を2科目受講し、羽村市教育委員会の認定証を3年間、更新することができました。もともと、3年前の平成24年に広報はむらに「スポーツリーダー養成講習会」が掲載されているのを見て、応募し、3日間をかけて、6科目を受講し、認定されていたものでした。有効期間は3年間のため、本年度が更新期限でしたので、更新講習を受講したものです。写真は2科目目「ウォーミングアップとクーリングダウンの理論と指導法」の榊原あつ子先生とのツゥーショットです。なお、1科目目は「スポーツ事故の法的責任リーダーとしての役割」でした。

この羽村市スポーツリーダーは6年前に制度が始まり、現在までに228名の方が認定されているとのことです。スポーツ団体の指導者やリーダーが比較的多いとのことですが、個人でも認定を受けることができます。私も個人で受講し認定を受けています。自分の健康維持を考えた時、スポーツや食事の知識は必須です。

私はこの種の講習会や研修に参加するのが大好き人間です。これまでにも羽村市福祉健康部高齢福祉介護課の「介護予防リーダー」の育成研修や、社会福祉協議会主催の「傾聴」講座、最近では認知症サポーターの講座を受けています。「一生涯学び続ける」の実践の一例でした。