2021年8月20日金曜日

パラリンピック採火式

 本日、8時45分から羽村市役所正面玄関前でパラリンピック採火式が行われました。歌手の三田りょうさんと松元綾子さんが木をすり合わせて火を起こし、点火しました。まいぎり式(舞錐式)というのだそうですが、結構大変でした。

オリンピックが終わり、パラリンピックがまもなく開幕します。マイナーな種目ばかりですが、オリンピックは入場券が3枚当選し、パラリンピックも7枚当選して、毎日のように、あちこちの会場を回ってオリパラを満喫するつもりでしたが、いずれも無観客になってしまいました。残念のひとことに尽きます。

1964年の東京オリンピックは中学1年の時でした。今の言葉でいえば「学校連携プロブラム」になると思うのですが、中学校の先生と国立競技場に行きました。その広さに驚いたことは今も忘れません。競歩をやっていましたが、あいにく雨で短時間で帰ることになってしまいました。もっと居たかったという思いが強く残り、今回はゆっくりと一人で観戦しようと思いましたが、残念です。もう生きている間は東京オリンピックなないと思います。(2021.8.20)


2021年8月1日日曜日

オーケストラで聴くジブリ音楽

昨日(2021.7.31)、ゆとろぎ大ホールで開催されたファミリーコンサート「 オーケストラで聴くジブリ音楽」を鑑賞してきました。「天空の城ラピュタ」のエンディング挿入歌「君をのせて」や「となりのトトロ」を井上あずみが歌いました。また、「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」を木村弓が歌い、「耳をすませば」の主題歌「カントリーロード」を木村陽子が歌うなど、オリジナル歌手の歌声を堪能してきました。また、「となりのトトロ」のオープニング主題歌「さんぽ」は3名の歌手が歌い、楽しい2時間を過ごしてきました。本来なら、観客の子どもたちも含め、一緒に歌うところですが、コロナ禍のため、禁止されてしまいました。残念です。

その上、N響団友オーケストラ(16名編成)の演奏も素晴らしいものでした。また、司会をした、赤池裕美子、藤井麻里子は声優としても活躍中の方で、途中にアニメの一部を再現するなど楽しい内容が盛り沢山の企画でした。

座席は1つおきで、かなり厳しく感染防止策を図ってのコンサートでしたが、一番前の中央の席で楽しい時間を過ごすことができました。演奏する方も久しぶりとのことで、感無量の様子でした。このような感動的なコンサートをこれからも継続的に実施していただきたいと思います。(敬称略)