2012年1月22日日曜日

新しいおやじの会

本日(1月22日)10:00~羽村市のコミュニティセンタで、新しいおやじの会の新年会があった。新年会であるから、料理を食べながら、飲むという点では、どこにでもある普通の新年会である。

ユニークなのは「自分たちで作った料理」を肴に飲むという点である。会員はおやじの会であるから、全員が男性である。「男子厨房に入らず」という今は死語になりつつある言葉も、この新しいおやじの会が誕生した20年近く前は、堂々と存在していた。その当時としては発想が全く「新しい」おやじたちの集まりであった。今は高齢化が進みつつあるが、それでも、それぞれの会員の積極的で前向きな生き様は私を勇気づけてくれる。

本日もコミュニティセンタ2階の調理室で、料理の上手い会員の指導で料理を作り、隣の和室で宴会である。本日のメニューは赤飯、茶碗むし、おでんなど。うまくできました。

私も結婚後、仕事をしていた頃は、ほとんど料理をしなかったが、早期退職で失業して、今は月に15日は夕食作りを担当している。妻の手際の良さには感服すること一塩である。妻はこれまで約3万回も食事を作っているのに対し、私は8月から担当してまだ100回もいかない。

それでも何とか食べられるものを作れるのは、この新しいおやじの会の料理体験が役だっていることは間違いない。消費者センターの男の料理教室には以前から何回か参加しているが、最近は保険センターの健康料理教室にも積極的に参加している。最初は年に1回開催される男性向けの料理教室であったが、今は女性の参加が多い料理教室にも参加している。結構楽しいものである。

家では料理本(レシピ)を見ながらつくるが、料理本の著者は自信過剰な方が多い気がする。本によって内容が相当違うからだ。チャーハンについて言えば、①暖かいごはん②冷たいごはん③どちらでも良いと割れている。玉子は①ごはんに混ぜて②フライパンの玉子が固まりかけた頃ごはん③炒り玉子は最後に混ぜるとバラバラである。調味料などもばらばら。自分の味が一番おいしく、一番良いと思い込んでいるようである。

結局のところ、量の表現は「にんじん1~3本」とか「しょうゆ大さじ1~3」というような「~」を使用した表現が正しいと思うが、見かけない。(世の中にはそういう本もあるのかもしれないが…) 材料の種類も最小限にしてほしい。何をどのタイミングで入れればよりおいしくなるという情報は必要であるが、この材料を使用しなければならない。という表現のレシピが多過ぎる。最も標準的な味付けで最も基本的で最小限の材料で作るレシピがないのだろうか?

2012年1月21日土曜日

公共政策大学院

私が公共政策大学院への進学を意識したのは、昨年の6月末です。4月の羽村市議選挙に次点落選してから2ヶ月が経ち、後援会の解散や民主党の離党などの処理が一段落しつつある時期でした。新しいことにチャレンジしようと介護予防リーダーの研修に参加しながらも、今後、何をすべきか、模索している状況が続いていました。

落選の要員の一つは政策能力の不足と考えていて、また、妻からの示唆もあり、公共政策大学院をインターネットについて調べたのは6月30日。翌日から大忙しで、中央大学大学院に行って出願書類を受け取り、その日のうちに横浜市大まで行って卒業・成績証明書を入手しました。大学院の出願書類というのは中大の場合、4000字の論文が必要です。何とかまとめて、7月4日に出願処理を完了しました。

7月6日には一橋大学院の社会人入試の説明会があり、受験を決意しました。その後の経緯は省略しますが、結論は中央大学大学院公共政策研究科は合格しましたが、一橋大学院は1次試験は合格しましたが、2次試験の小論文と面接で不合格になってしまいました。この時点で中大に進学しようと決意しましたが、やはり一橋大学院を諦められずにいる自分を発見し、春季試験にチャレンジすることにしました。

前回の反省点を踏まえて、6000字の論文を全面的に書き直し、今年の1月11日に郵送しました。今は1月27日の1次試験の合格発表を待っている状況です。合格すれば、2月10日の2次試験に再度挑戦します。それまでの間に自分自身をもう少しアカデミックに変身させたいと思ってはいますが…

1月18日にあった「もしドラ」著者の岩崎夏海氏のサイン本をとりあえず読んで、ドラッカーの「マネジメント」でも読めば、少しはアカデミックになるかもしれないと考えています。あとは「神頼み」です。多くの受験生と同じ心理で湯島天神で絵馬を奉納して合格祈願をしてきました。

今、なすべきはブログを作成するより、勉強かもしれませんね。2012.1.21 12:05

追伸:
一橋大学院の1次試験(書類審査)で不合格になりました。大変残念です。6000字の論文については前回より、相当に改善されていると考えていましたので、どこに問題があったのか審査官に教えていただきたいところです。今、改めて考えますと、一橋大学院を希望したのは、学費と通学時間を打算的に考えていたのかもしれません。事実は事実として、しっかりと受容し、前向きに考えたいと思います。

私は中央大学の公共政策研究科にお世話になります。面接試験でお会いした小林秀德教授は人間的に魅力のある人格者との印象を持たせていただきました。よろしくご指導をお願い申し上げます。2012.1.29

2012年1月20日金曜日

落合恵子講演会

昨日(1月19日) 落合恵子講演会のPR用として、テレビはむらの収録がありました。男女共同参画のフォーラムで副実行委員長をしている関係で、気の重い役目ですが、これも一つの人生修行かなと考えています。企画課が作成した原稿をカメラの前に掲示し、それを読むだけなのですが、どうしても緊張してしまいます。放映は来週の1月23日~2月1日です。これから編集されますが、多分、もう少しソフトな表情ができれば良かったと感じると思います。ご参考までに企画課が作成した原稿を下記に掲載します。

落合恵子講演会は2月4日の午後ですが、同じ日の夜間に布施明のショーがあり、羽村市生涯学習センターゆとろぎの大ホールがその準備のため使えません。小ホールは定員が250名で、消防法の関係で立ち見もできません。モニターを別の部屋に準備しますが、会場に入場できない方が発生してしまった時は本当に申し訳ないと思います。少し早めにご来場いただけると幸いです。先着順で入場は無料です。

当日の役割分担で閉会のあいさつもする予定です。これも気の重い任務ですが、何事も経験と前向きに考えています。男女共同参画について、一人でも多くの方と一緒に考える機会になればよいと考えています。

----------------------------------
フォーラム原稿
(成田実行委員長)
2人の映像
みなさん、こんにちは。
本日は、2月4日、土曜日に開催します
「第27回 女と男、ともに織りなすフォーラムinはむら」のご案内をさせていただきます。

(高田副実行委員長)
※ポスター画の挿入
男女共同参画社会の実現に向けて、毎年開催しています、このフォーラムですが、
今年度は、作家の落合恵子さんを講師に迎えて、「積極的その日暮らし~いのちの感受性~」というテーマで、ご講演をいただきます。

(成田実行委員長)
成田実行委員長のアップ目
一人ひとりが個性と能力を発揮し、自分らしく、いきいきと生きるための人生の歩み方や、人と人とのつながり、について語っていただきます。

(高田副実行委員長)
高田副実行委員長のアップ目
また、講演会終了後は、講師の著書の販売と本をご購入いただいた方へのサイン会を行います。

(成田実行委員長)
※ポスター画の挿入
日時は2月4日、土曜日、午後0時30分開場、午後1時開演、会場は生涯学習センターゆとろぎの小ホールです。
定員は、先着250人となります。
当日は手話通訳も行います。

(高田副実行委員長)
※ポスター画の挿入
また、1歳以上で、未就学のお子様の一時保育も行います。
この保育は、予約が必要ですので、お申込みなどについては、羽村市企画課までお問い合わせ願います。

(成田実行委員長)
2人の映像
当日は、一人でも多くの方にご参加いただき、男女共同参画について、一緒に考えていきたいと思っていますので、ぜひお越しください。

よろしくお願いいたします。