2012年10月25日木曜日

大学院はやめません。

大学院を中退することは全く考えておりません。どんな状況になっても、大学院は2014年の1月には修士論文を提出して、修了いたします。一旦決心した以上は、最後までやり抜くことが重要と考えるからです。

実は大学院の後期の履修の申請を、締切の約1時間前に完了したその翌日に補欠選挙の実施を知りました。何人かの方から、大学院はどうするのかとのご質問がありました。結論としては、1年の後期の履修は大部分を止めるか聴講に変更いたしました。ただし、2014年の1月の修士論文提出に必須の「政策ワークショップⅠ」と小池百合子先生の「「気候環境安全保障論」は通期で履修中で、約半分の授業が終わっているため、このまま継続履修することにいたしました。したがって、月曜日と水曜日のうち、月に2~3回は、大学院に通うため市ヶ谷に通学することになります。順調に進めば修士論文提出(「政策ワークショップⅡ」8単位)の他、残りは10単位であり、2年次に容易に取得できます。

補欠選挙については現在、慎重かつ冷静に状況を把握しながら、活動すべきことを着実・確実に進めている最中です。いろいろな選択肢と結果が考えられます。
①補欠選挙に立候補する。→当選する。
②補欠選挙に立候補する。→対立候補に善戦して落選する。(約2年後の通常選挙に立候補の可能性が高い)
③補欠選挙に立候補する。→対立候補に惨敗して落選する。(政治活動を断念する可能性が高い)
④補欠選挙での立候補を見送る。→約2年後の通常選挙に立候補する。
④補欠選挙での立候補を見送る。→2年後の通常選挙にも立候補しない。(政治活動を断念する。)
これらのいずれの結果になっても、学業は継続いたします。

学業との関係で、一番考えなければならないのは「①補欠選挙に立候補する。→当選する。」場合です。市議会議員はプロですので、仕事を最優先に考えなければなりません。しかし、大学院の時間割を見ますと、土曜日や、夜間にも多くの授業があります。これらの課目を履修することで、残りの10単位は履修可能ですし、修士論文提出のための指導はフキシブルにしていただけるようです。しかも、修士論文のテーマは「羽村市における安全・安心のまちづくり」の予定です。市議会議員の仕事をしながらも十分に研究できるテーマと考えています。過去にも、市議会議員や、社会人が働きながら大学院を修了しており、1年間の両立は可能と考えています。

2012年10月13日土曜日

羽村市議会議員補欠選挙

2013年4月の羽村市長選挙と同時に羽村市議会議員の補欠選挙があります。予定していない出来事です。今、冷静な判断が求められています。

授業の関係で9月議会の傍聴は3日目(9.10)からでした。日本共産党の倉田学議員が欠席でしたが、怪我でもしたのだろうと気にも止めませんでした。補欠選挙の噂を聞いたのは9.21。しかしまだ本気にしませんでした。議員辞職は死亡するか、警察に逮捕されるか、くらいしか考えられないからです。あれ!と思ったのは9.28の9月議会の最終日を少し傍聴した時に倉田議員の名札から名前が消されていたのを発見した時でした。選挙管理委員会に行って事実確認をすると、9.20の本会議で議員辞職が許可され、補欠選挙があることを告げられました。

帰宅後、調べてみると、欠員が出ても定数の6分の1超、羽村市の場合は、定数が18人ですから4人の欠員が生じなければ補欠選挙になりません。唯一の例外は同じ自治体の長の選挙がある場合に補欠選挙になるそうです。羽村市の場合、たまたま市長選挙と市議選挙が2年ずれているため、補欠選挙になるのです。市長選挙と市議選が同時に行われる多くの自治体では補欠選挙はまずありえませんし、欠員が生じても国会議員選挙や、都議会議員選挙では補欠選挙はありません。本当にレアケースで補欠選挙になるのですね。なお、繰り上げ当選は次点落選後、3ヶ月以内の欠員の場合です。

補欠選挙の存在を知った当初は前向きに考えましたが、今は冷静かつ慎重に検討しています。前回の羽村市議会議員選挙で、私は714票で次点でした。当選者の最低得票数は805票でした。しかし12年前にあった羽村の補欠選挙は3人が立候補し、当選者は7906票、次点が6752票でした。立候補者は2名の場合を考えると、1万票近くの票をいただかないと当選できません。10倍です。1万人近くの人に「高田」という名前を記憶していただき、投票用紙に「高田」と書いていただくことは至難の業です。

今、補欠選挙に立候補すべきか否か本当に迷っています。前回選挙の時も随分と顔と名前を売り込んだつもりでしたが、その後、私が立候補したことを初対面で知っている人はほとんどいませんdした。それほど知名度を上げるということは容易でないことを思い知りました。

多くに方から慎重に考えるようにアドバイスをいただいています。立候補をするか否かの最終判断は来年になってからにしますが、それまでは、普通の1人の羽村市民として、或いは1人の大学院生として活動することが重要と考えています。