2018年6月22日金曜日

小作駅西口の時計塔

 小作駅西口の駅舎の時計が故障したままになっている。何回か、都市計画部土木課を訪問し、修繕を要望してきましたが、良い返事をいただけませんでした。理由は現在ある、デジタル式の時計は故障しやすく、また修繕費用も高いとのことでした。

一昨日(2018年6月20日)都市計画部土木課を訪問し、杉山課長に進捗状況をフォローしたところ、次の情報を得ました。時計を本年度中に設置するが、設置時期は未定とのことでした。現在のデジタル表示ではなく、少し下に別にアナログ表示の時計を設置する予定だそうです。私からの要請もあり、「電波時計」にするそうです。

私からも何回も要請していますし、公明党議員の他、一般市民からの要望が多数来ており、設置することを決断したそうです。私自身も含め、駅舎の時計は見る頻度が高く、1日も早く設置されることを期待しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿