2018年10月15日月曜日

動物公園40周年の式典でSANAさんと

10月14日(日)羽村市動物公園40周年の式典がありました。写真は動物公園の看板を制作したSANAさんとのツーショットです。

SANAさんは羽村市出身のイラストレーターで、私とは約10年位前に「ゆとろぎ美術館」の作者との交流会で、隣に座ったことがきっかけでした。他の作者とは全く異なる「明るくて・愉快な動物」がぎっしり、画かれた作品はインパクトが強烈で、このイラストは世界に通用すると感じました。それ以来SANAさんのファンになり、メールで情報交換しています。

以前のブログと重複しますが、2016年6月議会で私が「羽村市の特色である動物公園などを活用した知名度アップについて」一般質問しました。事前準備・取材のため、SANAさんとお母さまを自分の車に乗せて動物公園の園長さんとの面談をセットしたことを鮮明に記憶しています。その後、最終的に都市建設部が動物公園改修の看板製作をSANAさんに依頼することになり、SANAさんのイメージの動物公園が実現しました。

看板製作はクラウドファンディングで300万円を集めましたが、5月1日は開始し、6月8日には目標額が達成しています。私の妻の「高田和枝」の名前も小さな文字で刻まれていました。読めませんね。



0 件のコメント:

コメントを投稿