2022年5月15日日曜日

映画の予告?

先日(2022.5.12-13)開催された全国地方議会サミットできわめてユニークな発表がありました。北海道の鷹栖町の発表です。映画の予告を思わせるパンフレットを新聞折り込みで配布したそうです。他にも週刊誌の新聞広告・電車内の吊る下げ広告を思わせるパンフレットを配布したそうで、傍聴者の増加など、議会の活性化が図られたとの発表でした。

一般質問の活性化は法政大学の土山希美枝教授の指導で行われ、事実上のデザインは片山兵衛議員が担当しているとのことです。土山先生とは名刺交換をしてきました。

確かに面白いことは面白いですが、鷹栖町の一般質問者の割合は議長を除くとこの1年間で52%、20年前と比較すると倍増ですが、もともとが低すぎると考えます。羽村市の一般質問者の割合は議長を除くとこの1年間で96%。一般質問は「任意」ですが、近隣市町村と比較しても、高い水準にあると考えます。一般質問のレベルをどう上げ、どう政策に反映させられるか、などの課題はまだ多くありますが、私も努力し続けたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿