2022年6月26日日曜日

ゆとろぎ「mRNAワクチン」

ゆとろぎ身近なサイエンス講座「人類を救うmRNAワクチン」が2022.6.25 13:30から講座室1で開催されました。講師は杏林大学 保健学部 臨床検査技術学科 の米谷正太先生。もともと難しいテーマでしたが、パワーポイントを150枚以上使ってやさしく解説していただきました。

「敵を知る」「敵の侵入を防ぐ」「敵を見つける」「敵に対抗する」の4つの視点から大変丁寧な説明がありました。この4つのテーマを聞いただけでも、これは「ウイルス」との闘いであることがわかります。

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはカタリン・カリコー博士が30年以上も前から研究していて、今回のCOVID-19に応用したワクチンのようです。人類はこれまでも多くの伝染病と戦い、克服してきた歴史があります。今回のmRNAワクチンも人類を救ってくれると信じて、私も4回目の接種を7月末に受けることにしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿