2013年1月8日火曜日

井上信治環境副大臣に会ってきました。

私が大学院で直接の指導を受けている幸田雅治教授に同行して、環境省を訪問し、井上信治環境副大臣と面会して、名刺交換したあと、少しお話をさせていただきました。

世の中、狭いですね。幸田雅治先生が国土交通省で課長をされていた時に、井上信治先生は課長補佐ということで、直属の部下だったそうです。 ……ということで、幸田先生にアポを取っていただき、本日(1月8日)、幸田先生とともに、環境省の24階を訪問し、副大臣室でお会いすることができました。

幸田先生は環境省などにも広い人脈をお持ちで、その関係のお話が多かったのですが、中央大学 大学院で客員教授をされている、小池百合子元環境大臣の話になり、「私も今、小池先生の授業を履修しています。」と申し上げたところ、頷いておられました。

最後に、記念に写真を取らせていただきたいとお願いしたところ、快諾していただきました。副大臣室の窓からの光で逆光になるため、ストロボをたいた方が良かったかな。と若干反省しています。


大学院というところは、じつに刺激的です。高いレベルの人々が切磋琢磨して自分を磨いています。「政策ワークショップⅠ」を現在、幸田先生の個人指導で履修しています。主題「羽村市の安全・安心のまちづくり」、副題「災害時要援護者制度について」というテーマで約16500字の論文を作成し、昨日、幸田先生から、「かなり頑張って書かれましたね」とのコメント付で、OKをいただきました。あとは、1月16日(水)の「最終報告会」でプレゼンをすれば、大きな山を越えます。大学院に行かなければ、こういう経験もできなかったと思いますので、本当に貴重な成長の機会を与えていただいていると感謝しています。

幸田雅治先生、井上信治先生、小池百合子先生…多くの立派な先生方の薫陶を受けながら、毎日少しずつでも前進し、最後は皆様のお役に立つ人間に成長していきたいと努力しております。

0 件のコメント:

コメントを投稿