2012年7月10日火曜日

大学院は甘くなかった②

「大学院は甘くなかった」のブログの続きです。見通しが甘かったための弊害が地域活動で出てしまいました。
その一つが「いこいの里」の「いきいき講座」の挫折です。

羽村市に高齢者在宅サービスセンター「いこいの里」という施設があり、無料で開催している「いきいき講座」は60歳以上が受講条件ですので、60歳になったら、片端から受講すると何年も前から決めていました。

募集は年に1回で4月スタートです。広報はむら2月15日号に受講生募集の記事が掲載されたので、私は早速申し込みました。10講座の内、最終的に受講できたのは「水彩画」と「水墨画」で火曜日の午前中にそれぞれ隔週で開講されます。火曜日の午前中の大学院の授業を履修しないつもりでしたが、なんと人気No1のI教授の講義と重複してしまいました。熱心でバイタリティがある素晴らしい先生で、院生に圧倒的な人気があります。私も当初、指導教授にと考えましたが、来年度、1年間、欧州に研究に行かれ、修論指導は受けられないということで、断念しました。修論がまとまるかどうか不安な状態で1年後に指導教授を変える不利益は大きいと考えたためです。そのI先生の授業は今年履修しないと、来年は教われません。中大の公共政策を出ていて、先生を知らないと「もぐり」になってしまいそうです。

「水墨画」はもう18年も前ですが、講師をしていただくO先生にわずかな期間習っていました。「水彩画」も5年くらい前に別のグループで今回の講師、S先生に短い期間、教わったことがあります。いずれも、多少ですが、経験があり、少々休んでも何とか両立できると考えていました。「水彩画」も「水墨画」も一旦やめてしまうと、再開は難しくなります。やはり何かの会に入るなりして、継続していないとダメと強く感じていたところでした。時間があれば、自分で画くというのは、私の意思力では無理です。今回は何が何でも再開したいと考えていました。しかし、水彩画・水墨画をしながらの大学院はすべての面で無理があったと今も思います。

迷った末、授業を優先し、「いこいの里」はキャンセルしました。大学院を本当に甘く見ていました。水彩画のS先生と水墨画のO先生始め、関係者や、抽選に外れた方には、本当に申し訳ないと思っております。S先生とO先生にはお詫びの葉書を書きましたが、本当に失礼なことをしたと思っています。だいぶ信用を落としたと思います。関係者の皆様、ごめんなさい。

同じく「いきいき講座」の別枠で、「社交ダンス」と「マジック」の講座も申し込みました。こちらは大学院での授業より、「いきいき講座」を優先し、金曜日は大学院に行かない決意で臨みました。しかし、大学院は甘くなかったです。お休みにしたつもりの金曜日も大学院でのグループワークや他の地域活動でなかなか出席できません。丁寧に指導していただいたW先生には申し訳ありませんが、現在「休会」しています。

…というわけで、「いこいの里」の「いきいき講座」に挫折してしまったことを反省の意味を込め、書きました。

地域活動は今、ほとんど活動できません。水曜日午前中の「ゴーゴー健康クラブ」、木曜午後の「シニア小作台西の囲碁」や「弓道会」は皆休会中です。小作台西町内会の7月14日(土)の盆踊りも参加できるのは最後の30分だけです。

どんなに多くの地域活動を犠牲にしても大学院は修了します。大学院は本当に甘くはありません。7月は試験やレポートが集中します。自分が選んだみちです。どんなに苦しくても前進あるのみです。

追伸:中央大学 大学院 公共政策研究科のホームページ「在学生の声」に私の拙文が掲載されています。ご覧下さい。
http://www2.chuo-u.ac.jp/daigakuin/koukyo/contents/zaigaku1.pdf

0 件のコメント:

コメントを投稿