2016年4月21日木曜日

市民の声(近況報告は中止)


昨日、4月4日(月)その市民から、補修されているとの話があり、現地を確認したところ補修されていました。土木課公園管理係の迅速な対応に感謝いたします。(写真は補修後)



近況報告は中止します。一時期、一生懸命、頑張って更新しましたが、やはり無理なようです。市議会の会期中は余裕がなく、閉会すると会報誌「新しい風」の原稿編集や配布作業をする必要があります。今やっと落ち着いた状況ですが、それでも、羽村市の行事や地域の行事、所属団体の行事には極力参加しており、ブログを更新の心の余裕がありません。本当に申し訳ありませんが、近況報告は中止させていただきます。

何をブログにアップするか、いろいろ考えた末、議会関係の情報提供は従来通り行いますが、毎日の出来事は止め、皆様方から、いただいた市民の声を市役所等に働きかけ、実現したものを中心にブログにアップしてまいります。

今回は、市民からいただいた声の中から、公園芝生の柵の補修について、報告いたします。小作台3丁目のくすのき児童公園の西側、ブレーメンの少女像の周辺芝生に木製の柵があり、そのうち3本の下部が腐食して放置されていました。子どもたちが多く遊ぶ場所であり、危険でした。(左写真は補修前)

  4月2日(土)に市民から声をいただき、現地を確認後、4月4日(月)に市役所(土木課公園管理係)に善処する要望をしました。この柵はツゲの低木の上に子どもたちが上ってしまう為、かなり前に設置されたようです。



0 件のコメント:

コメントを投稿